玄「夏だね、京太郎くん!」

京太郎「暑いですね、玄さん!」

玄「こう暑いとどこかで涼みたいよね、京太郎くん!」

京太郎「涼むと言えば近くにプールができましたよね、玄さん!」

玄「プール!」

京太郎「プール!」

玄「弾ける水しぶき!」

京太郎「そこかしこから聞こえる楽しげな声」

玄「そして…!」

「「たわわに実ったおもち!」」

玄「これはもう行くしかないよね!」

京太郎「行くしかないですね!」

玄「これはただ涼みに行くだけだから!おもちを見に行くわけじゃないから!」

京太郎「でも偶然見えちゃったら仕方がないですよね!偶然だから!」

「「いえーーい!」」


―――
――


京太郎「プーーーーール!!」

玄「プーーー…る?」

プール「」ガラーン…

京太郎「あれぇ?誰もいませんねぇ…」

玄「………」

京太郎「とりあえず泳ぎながらもう少し待って…」

玄「駄目だよ、京太郎くん。もう帰ろう」

京太郎「えっ!?今来たばっか…」

玄「だっで、おもちがなきゃ来た意味がありまぜんのだぁ!」グスグス

京太郎「きっともう少ししたら誰か来る…ってか力つよっ!?」ズルズル

憧「…アンタら何やってんの?」

京太郎「丁度良いところに!憧、玄さん止めるの手伝って…憧ぉ!?」

憧「そりゃアタシだけど…いちゃいけないの?」

京太郎「そういう訳じゃなく…とりあえず手伝ってくれ!」

憧「何か訳分かんないけど…ほら玄、ちょっと大人しくしなさい」

玄「あ゛ごぢゃ~~~~ん…」グスグス

憧「うわっちょっ、鼻水垂れてっ、止めっ止めなさいよ!引っ付くなその状態で!」

玄「んぶぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛…」グシグシグシ

憧「ふきゃあああああああ!?」

京太郎「…割と組んず解れつなのに全然興奮しねぇな」

憧「ちょっ、見てないで助け…ひゃああそんなとこ触るなあぁぁぁぁぁ!!」

京太郎「カオスだ」

穏乃「何が?」

京太郎「おぉ、穏乃か。憧と一緒に来たのか?」

穏乃「うん!私は川でも良かったんだけど憧がどうせならちゃんとしたとこが良いって言ってさ」

京太郎「へー」

憧「ぬぅ……りゃああああああ!!!」ブンッ

玄「ですのだああああああぁぁぁぁぁ………」ヒューー……

ザバアアアアアアアアン…

憧「ぜぇ…ぜぇ…ぜぇ…」

京太郎「結構飛んだなぁ…」

穏乃「新記録だね!」

憧「アンタら…あとで覚えときなさいよ…」ハァ…ハァ…

ピピーーー

京太郎「笛?」

宥「こ、こらー…プールの飛び込みはめっ、だよ…?」

穏乃「宥さん?」

憧「えっ、何で宥姉がここに?」

宥「えっとね、監視員さんのアルバイトさんなの」

京太郎「へー、でも大丈夫なんですか?ここ、寒いでしょうに」

宥「ううん、日差しが暖かいから…」

穏乃「確かに、今日はお日様が輝いてますもんね!」

宥「うん…椅子の上だと濡れないし…意外と楽しい、よ?」

京太郎「へー…何か新鮮っすね、この感じ」

宥「えへへ…ありがと…えと、それで玄ちゃんは…」

玄「おーねーえー…」ヌッ

京太郎「あっ」

玄「ちゃーーーん!」モニュウッ

宥「ひゃあんっ!」

玄「うへへへ…お姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃーん!」モミモミモミモミ

宥「んっ、やぁっ…玄ちゃっ、止めて…」

玄「このおもちに飢えた両手のはそう簡単には止められませんのだぁー!」

宥「いゃぁぁぁぁぁぁ…」

灼「てい」スパァンッ

玄「あたぁっ!?」

灼「いい加減騒々し…よそでやって」

京太郎「灼さん…も、監視員ですか」

灼「ん。今日だけのヘルプ」

憧「…何か、図らずも勢揃いしちゃったわね」

穏乃「ここに赤土先生がいたら完璧だったんだけどなぁ…」

京太郎「仕事だっけか、大人は大変だなぁ…」

穏乃「ねねっ、せっかくみんな揃ったんだしさ、一緒に遊ぶ…のは宥さん達が仕事だから無理だけど、終わったらみんなでご飯食べに行きませんか!」

憧「あー、そういうのも良いわねぇ」

宥「うん…アルバイトは五時ぐらいまでだし…灼ちゃんも良いかな?」

灼「ん」コクリ

玄「私も当然おもちのロンですのだ!」

京太郎「そんじゃ遊び終わったら俺と憧でよさげな店探してみるから…そうだなぁ、六時ぐらいに再集合ってことで」

「「「おー!」」」「おー」「お、おー…」

―――その後、早上がりしたらしいレジェンドも交えて楽しい時間を過ごしたそうな。

カンッ