郁乃「やぁ~ん、京ちゃん。末原ちゃんがイジめる~」

恭子「何言っとるんやこの人……」

京太郎「どうせ赤阪さんがちょっかい出して遊んでたんでしょ」

郁乃「いややわぁ、ちょっと縛りプレイさせてあげただけなのに」

京太郎「……今日は何をやらかしました?」

恭子「後ろに立ってな。ツモった牌を他家に教えるんや」

京太郎「なにそれウザイ」

郁乃「末原ちゃん強いし、ハンデキャップよ~」

恭子「はぁ……どうも、全然嬉しくないです」

恭子「……あ、強いといえば主将の方が断然強いですよ」

恭子「いまあっちでゆーこ達と打ってるんで、そちら行かれたらどうですか?」

郁乃「そやね、そうする~」フラフラ


恭子「……つ、疲れる……」

京太郎「ご苦労さまです……」

恭子「須賀君はあの人のお隣さんなんやろ? よう嫌にならんなぁ」

京太郎「いやー、あれでも大分マシになった方ですよ」


京太郎「うっかり人んちの窓ガラス割ったと思ったら俺も一緒に謝りにいかされたり」

京太郎「うっかり人の恋愛に手を出して刃傷沙汰寸前のドロッドロの三角関係にしたり」

京太郎「うっかり転んで俺のズボンから何やらまで全部下ろしたり」

恭子「……何か意図的っぽいところが怖いわ」

京太郎「あの人が教師になるって言い出すから、実名報道とかされないか不安で不安で……」グスッ

恭子「それで姫松に来たんか……ご苦労やなぁ」


恭子「……ひょっとして、須賀君」

京太郎「はい?」

恭子「代行のことが好きなんやないん?」

京太郎「は!? 俺が!? ねえちゃ……赤阪さんのことを!?」

恭子「こ、声大きいわ……びっくりするやろ」ドキドキ

京太郎「す、すいません……」

京太郎「な、何を持ってして俺が赤阪さんを……す、好きだって思ったんですか」ボソボソ

恭子「いや……あの人を追って姫松に来たんやろ? ならそうなんかなぁ、と」

京太郎「あ、ありえませんよー」

恭子「そう? 普段からかなり仲が良いと思うけど」

京太郎「腐れ縁ですよ、腐れ縁」

京太郎(……そ、そうに決まってる。俺がねえちゃんの事好きなんて、ありえん)


郁乃「京ちゃぁーん、洋榎ちゃんがぶった~」

恭子「ほら、帰ってきたで。行ってあげな」

京太郎「は、はい……」


郁乃「京ちゃ~ん、おうちかえろ~」

京太郎「あれ、もう帰っていいの? 教師でしょ?」

郁乃「今日は朝からぽんぽん痛いから帰る~」

京太郎「腹痛の人間があんなに弁当食うなよ……」

郁乃「だってぇ~、あれは京ちゃんが作ってくれたもんやし~」

京太郎「ちゃんと仕事しなさい」

郁乃「私の仕事ならもう済んどるよ~がんばって終わらせたから~」

京太郎「はいはい、じゃあ仕事がんばってね。俺は帰るから」

郁乃「おいてかないで~」




郁乃「ただいま~」

京太郎「おかえり……って、ねえちゃんの家は隣だろ」

郁乃「今日はお母ちゃんもお父ちゃんも旅行行っとるから、京ちゃん家で食べるんや~」

京太郎「だから量が多かったのか……」

郁乃「京ちゃんのお母ちゃんは?」

京太郎「ちょっと寄り合いで出かけてる。じゃあ、ご飯あっためるから」

郁乃「お風呂借りるね~」

京太郎「それはさすがに自分の家で入れよ……」


郁乃「おいひ~。やっぱり京ちゃんのお母ちゃんが作るご飯が一番やなぁ」モグモグ

京太郎「はいはい、どうせ俺の方が料理下手ですよ」

郁乃「そんな卑下することないで~? まあ、京ちゃんメシは三番目やけど」

京太郎「そこはせめて二番と言えよ……」

郁乃「二番はうちのお母ちゃんメシやなぁ」



郁乃「でも一番スキなんは京ちゃんやで~」

京太郎「は……は、はいはい。ありがとね」

京太郎(な、なんで俺、こんな意識してるんだ……)

京太郎(くそっ……きっと末原先輩があんなこと言ったからだ……)

郁乃「京ちゃんはうちのこと、すき?」

京太郎「ま、まあ……もうちょっと迷惑かけなかったら考えるぐらい」

郁乃「それは無理やなぁ」

郁乃「すきな人には迷惑かけたいのがオンナゴコロやから~」

京太郎「……俺以外にも迷惑かけてるくせに……」

郁乃「一番迷惑かけるのは京ちゃんやから」

郁乃「京ちゃん、だいすきやで~」ナデナデ