京太郎「ネリー、ソーダと小豆どっちが良いー?」

ネリー「んー、小豆!なんか高級感あるし!」

京太郎「ぶれねぇなぁお前…まぁいいや、そらよっ」ヒョイッ

ネリー「ととっ…何これ?」

京太郎「何って、アイスだよ。知ってるだろ?」

ネリー「そうじゃなくて、何で今食べるのかなーって」

京太郎「暑いから別に良いんじゃね?」

ネリー「エアコン効いてるよ?」

京太郎「んじゃ今食いたいからってことで。いらんなら冷凍庫に戻すが」

ネリー「それだと損した気分になるから食べるー」ペリペリ

京太郎「ホントぶれねぇなぁ…」

ネリー「はぐはぐ…んー♪」

京太郎「エアコンかかってる中のアイスも良いもんだろ?」

ネリー「うん!すっごくおいしー!」

京太郎「夏はエアコンとアイス。冬はこたつにアイス…春と秋はとりあえずアイスだ」

ネリー「年中アイスばっかじゃん」

京太郎「嗜好品ってのはそういうもんだろ」

ネリー「そうかなぁ」

京太郎「そうそう」

ネリー「…まぁいっか、美味しいし」

京太郎「そうそう、美味けりゃ大体なんでも良しだ」

智葉「良くないわこの馬鹿者」スパァン

京太郎「あだっ」

ネリー「あ、サトハー」

智葉「まったく、だらけているやつらがいると思って来てみれば…エアコンに加えてアイスとは何事だ」

ネリー「でもおいしーよ?」

智葉「確かにそれは否定しない。だがやり過ぎて腹を壊したんだよ、そこの馬鹿は」

京太郎「…」フイッ

ネリー「…おバカだったんだね、キョウタローって」

京太郎「せ、成績はそれなりに良いぞ?」

智葉「人間的にという意味だ愚か者」スパァン

京太郎「いだぁ!貴重な脳細胞が死滅したらどうすんすか!」

智葉「とっくに死滅してるようなことをしておいて何を言う」

京太郎「ひでぇ物言い…」

ネリー「あはははは」

智葉「とにかく、そうやってアイスを食いたいなら腹巻きなり何なりをしてから食え。次何もせずに食ってるところを見かけたら取り上げるからな」

京太郎「うぇーい…」

智葉「ネリー、お前もこいつを見張っておけよ」

ネリー「お給料は?」

智葉「ふむ…この飴をやろう」

ネリー「引き受けたー」ヒョイパク、コロコロ…

京太郎「子供か…」

ネリー「その子供に見張られる程度の人に何言われても痛くも痒くもないねー」

京太郎「こんにゃろっ」ワシワシワシ

ネリー「わぷっ、止めて帽子崩れる~!」

智葉「私からすればどっちも子供だがな…手の掛かるタイプのな」ハァ

おちなしカンッ