京淡智葉(24)で修羅場 前編


もしも二人が血のつながっている姉弟だったら?


淡の家


淡「ねーねー、キョータロー。サトハとはどうなってんのさ?」

京太郎「あん?そりゃ勿論、清く正しいおつきあいをだな...」

淡「ぷっ、アハハハ。それ本気で言ってるの?」

淡「聞いたよ?サトハって嫉妬深いんでしょ?」

京太郎「別に、そんなこと...ねぇよ」

京太郎「仮にそうだとしても不安にさせた俺が悪いだけで...」

淡「うん」

淡「でもキョータローさ、顔を思いっきりビンタされたんだよね?」

淡「テルもスミレの目の前でさ。二人とも可哀想に」

淡「好きな男と一緒に水着姿で写真に写るくらいいいじゃん?」

淡「キョータローだって、その気持ちを無碍にはしないよね?」

京太郎「何が言いたいんだよ、俺だってこれから面接なんだ」

京太郎「時間がないんだ、帰るぞ?」

淡「だーめ。まだ聞きたいことも言いたいこともあるんだから」

京太郎「まだ...あのときのことを根に持ってるのか?」

淡「持ってるよ。なんで私を振って、サトハとつきあったのさ?」

京太郎「そんなの、俺があの人を好きになったから告白...」

淡「本当のこと言ってよ、キョータロー...」

淡「じゃないと、ずっとキョータローのことあきらめきれなくなっちゃう」

京太郎「...聞いたら、後悔するぞ?」

淡「かもね。でも、何も知らないよりずっと良いよ」

京太郎「...ずっと、お前のことが好きだった」

京太郎「最初は生意気だと思ってたけど...」

京太郎「無邪気で可愛いお前がさ、いつの間にか好きになってた」

京太郎「負けず嫌いで意地っ張りで、そのくせ不意に素直になって...」

京太郎「いつの間にか、お前の背中を追いかけてたんだ」

淡「そっか」

京太郎「でも、怖くなった」

京太郎「だから...」

 プルルルルル

京太郎「あっ、おい淡?」

淡「どーせサトハからでしょ?」

京太郎「会社からの採用通知かもしれないだろ」

淡「あっ、サトハじゃなかった」

京太郎「はい、須賀です。ハイ、えーっ...とそれは」

京太郎「難しい...です」

京太郎「すいません...はい。本当に申し訳ありません...」

京太郎「それでは、保留した返事は明日には必ず...失礼します」

淡「どこの会社からの採用通知だったの?」

京太郎「北海道に本社がある会社だよ」

京太郎「正社員採用と同時に北海道に飛べって言われた」

京太郎「無理だ。絶対智葉は許してくれないよ...」

淡「...ねぇ、なんで許してくれないのさ」

京太郎「束縛してくるんだ」

京太郎「逆らったら...何されるかわかんねぇ」

京太郎「参ったな...本当に参るよ」

淡「いいよ。私と一緒に行こうよ。北海道」

京太郎「何言ってるんだよ淡」

京太郎「お前あれだけ苦労して麻雀のプロになったはずだろ?」

京太郎「花盛り働き盛りで若さを謳歌したいって言ってたろ?」

京太郎「俺なんかに着いていっても何も良いことなんかないぞ」

淡「違うよ。私がしたいのは建前の話じゃなくてホンネのハナシ」

淡「好きな男と添い遂げたい」

淡「たったそれだけの、嘘偽りのない気持ちを分かって欲しいだけの...」

淡「素直になれない女の一世一代の大博打だよ」

京太郎「チームは...どうするんだよ?」

淡「うーん、別に私がいなくなったってなんとかなるよ」

淡「私より強かった穏乃と憩もプロにはいないのが良い証拠でしょ?」

京太郎「でも!」

京太郎「今まで必死に積み上げてきたものを捨てて良い理由には...」

淡「なるよ」

淡「なるんだって...」

淡「キョータローが私を振った後、私...皆に隠れて男と付き合ってた」

京太郎「は、?」

淡「時期的には私がプロ入りする前くらいかな?」

淡「大学卒業してからすぐだよ」

淡「キョータローを手に入れたサトハを見てると辛くなって...」

淡「正気を保てなくなりそうだった、気が狂いそうだった」

淡「だからこそ、常識で自分の想いを縛るしかなかった」

淡「浮気はダメだって...彼氏は裏切っちゃダメだって...」

淡「でも、男の人もやっぱりわかっちゃうのかな?そーゆーの」

淡「無理矢理手込めにされて、束縛されて...いなくなっちゃった」

京太郎「誰だ...お前と付き合ってたっていう...男は?」

京太郎「教えろ、淡」

京太郎「いますぐ殺してやる...お前を痛めつけた、その男」

淡「無理だよ。その人は自動車事故起こして刑務所で服役中」

淡「出てくる頃には私のことなんか忘れてる」

淡「持病の糖尿病が悪化して、何かの病気を併発してるかも知れないし」

淡「関わってもなにも良いことなんかないよ」

京太郎「いや、ダメだ」

京太郎「淡を...お前を痛めつけただけでも飽きたらず」

京太郎「手込めにして、暴力に怯えるお前に手を上げ続けた」

京太郎「それだけは、何があっても許せねぇ...許せるかよ...」

京太郎「ケジメをつけさせてやる...俺が、お前の代わりに絶対だ」

淡「そんなことしたら、キョータローのこと嫌いになっちゃうよ」

淡「ね、だからそんな怖い顔しないでほしいな」

淡「優しく笑って女の子をおだてるキョータローの方が素敵だよ?」

京太郎「どうしてだよ...淡」

京太郎「何でお前はそんなに笑っていられるんだよッ...」

京太郎「腹違いじゃない、生き別れた双子の弟に対して...」

京太郎「頭オカシイんだぞ?!分かってるのか?!」

京太郎「俺は血を分けた姉に懸想している、最悪の人間なんだ!!」

京太郎「何も知らなかったときの俺は、お前のことだけを想っていた」

京太郎「さっきもお前に言ったとおりだよ...」

京太郎「男として、お前から目を離せないほど大好きになってた...」

京太郎「だけど、それを知った親父がお前のことを俺に話した」

京太郎「高校一年生の9月だ」

京太郎「その時の俺の気持ちを、お前は想像できたか?!」

京太郎「いつの間にか隣にいるお前を傷つけてしまうんじゃないか?」

京太郎「いいや、そんな半端な気持ちどころの問題じゃなかった」

京太郎「好きな女と一生結ばれない地獄が俺の未来なんだぞ?!」

京太郎「幸い、俺が決心したときはお前はまだ何も気が付いていなかった」

京太郎「だから断腸の思いで...」

京太郎「淡に対して、家族として接することにした」

京太郎「お前から向けられる想いに目をそらして...ずっと、ずっとな」

京太郎「智葉から知らされたんだろ?淡」

京太郎「お前と俺が同じ腹から生まれた兄弟だって」

淡「うん...」

淡「大学生の時に呼び出されてキョータローのことを教えられた」

淡「ママも呼び出されて、キョータローのことを教えられちゃってた」

淡「そうだよね。自分が捨てた赤の他人<かぞく>が娘を好いている」

淡「まともな人の家だったら、遠ざけるのが普通だよ」

淡「きっかけを作ったのが恋に狂ったサトハっていうのが皮肉だけどね」

京太郎「だから、もう俺達は会わない方がいい」

京太郎「俺も、ずっと我慢してきたけど...ダメになりかけてる」

京太郎「理性と良心の箍が外れかけ始めてるんだ」

京太郎「何かの弾みでお前を襲ってしまえば、もう後戻りできない」

京太郎「今までの努力が水の泡になっちまう...」

淡「ふざけないでよ!キョータロー!!!」

淡「そんなにサトハが大好きなら今すぐ答えを出してよ!」

淡「サトハを選んで私への想いを殺すか」

淡「私を選んでサトハへの想いを殺すか」

淡「二つに一つ、選ばれなかった人は後顧の憂いを絶つために死ぬ!!」

淡「キョータローの言葉の裏にある真意が本当なら...」

淡「私もサトハも身を引いて死ぬ覚悟くらいはある!!」

淡「選んで!!」

淡「私を選んでよ...選びなさい!キョータロー!」

京太郎「はぁ...はぁっ!」

京太郎「うわあああああああああっ!!!!!!」

京太郎「好きなんだよ!愛してるんだよッ淡!でも、分かってくれ!」

京太郎「男として、弟が姉の人生をぶち壊すわけにはいかないんだ!!」

淡「そんなこと気にしない!私はそんなの気にしないってばぁ!!」

淡「さっきのキョータローの本心を聞けて嬉しかった」

淡「わがままでジコチューな私。家族に見捨てられた私」

淡「そんなを私を救ってくれた、たった一人の人...」

淡「運命の赤い糸って本当にあるんだって思ってた」

淡「サトハにキョータローのことを全部バラされたときだって」

淡「私の気持ちは全然揺らがなかった!」

淡「それどころかその糸は絶対に断ち切れない赤い鎖にまでなったんだ!!」

淡「姉とか弟とかそんなの全部関係ない!!」

淡「私は絶対にキョータローから離れない!なにがなんでも離れないから!!」

京太郎「抱きついたって俺の気持ちは変わらねぇ!」

京太郎「放せ!放せってんだよ!!」

京太郎「はなせえええええええええええ!」

淡「やだああああああああああああ!!!」

淡「京太郎大好き!大好き!大好き!愛してる!愛してる!愛してる!」

淡「きょおたろぉおお...」

淡「一生に一度のお願いだからぁ...」

淡「もうキョータローを困らせることなんてしない」

淡「キョータローがいうなら、私なんだってする」

淡「ママにはなれないかも知れないけど...他のことなら頑張るから...」

淡「だから...」

淡「私と一緒に生きて?私と一緒に幸せになってよ...?ね?」

淡「これだけ言ってダメだったら、もう諦めるから...」

淡「素直に身を引いて、サトハにキョータローを返すから...」

京太郎「ほん、とうに...後悔しないんだな?」

淡「うん」

京太郎「全て失って、何も残らない死に方しか出来なくなるぞ?」

淡「それでも...キョータローと同じ時に死ねるなら...」

淡「文句なんかないよ。ううん、あるわけない」

京太郎「分かった...。お前の願い、俺が...全部叶えてやる」

京太郎「ただ一つ、俺からも条件をつけさせてくれ」

京太郎「俺達の子供には、絶対に同じ道を歩ませない」

京太郎「それさえ守れるなら...」

淡「嬉しいな...嬉しいけど、悲しくて...涙が止まらないよ...」

京太郎「もう、それ以上...言うな」

京太郎「だから、今はもう少し俺の腕の中で泣いていてくれ...淡」

京太郎「ようやく手に入れることが出来た、お前の暖かさを...」

京太郎「今だけは...何も考えずに抱きしめたいんだ....」

~~~~~~~~~

~~~~~~

~~~



智葉の家


智葉「京太郎。遅かったな」

智葉「待ち合わせは午後七時だったはずだったが?」

京太郎「ああ」

京太郎「面接を受けた会社から内定の電話が来たんだ」

京太郎「働く場所で長い時間揉めてた」

京太郎「でも、もう解決したよ」

智葉「そういうことならしょうがないか」

智葉「ところで?京太郎...」

智葉「お前に智葉さんから一つ質問があります」

智葉「どうして私の家に、他の女が紛れ込んでいる?」

智葉「ああ、そんなに怯えないでくれ大星」

智葉「私の男に近寄るなって言っておいたよな?」

智葉「お前は過ちから学ぶと言うことを知らないのか?」

智葉「今までのような麻雀が出来なくなるようにしたのに...」

智葉「本当に懲りないよな、相変わらず」

智葉「今まで見逃してたが...さて今度は何を奪ってやろうか」

淡「ひっ...うあっ」

京太郎「智葉、俺は淡を選んだ」

智葉「テメェ...誰に向かってンな口聞いてんだ!!」

智葉「お前に筋を通し続けた相手に利く口がそれなのか!あ?」

京太郎「いつまでも貫目落ちのままアンタ専属の男芸者続けるつもりはねぇんだよ!」

智葉「須賀ァッ!分際わきまえろやゴルァ!!」

智葉「恩を返すどころか後ろ足で泥かけるたぁどういう了見だ!!」

智葉「行く道間違えようとしている自分の男を引き戻そうと」

智葉「必死に説得しようとする相手に唾引っかけ、挙げ句の果てに」

智葉「誰も納得いかねぇ暴論づくめの三行半をピーピー喚きやがって!!」

智葉「どこまでふざけてんだ!いい加減にしろ」

智葉「そんなに私と別れたきゃケジメをつけろ!」

智葉「家の問題とかそういうのは抜きにして、一人の人間としてだ!」

京太郎「ああ。じゃあ今すぐつけてやるよ」

京太郎「まず手始めに俺と淡の親に事情を話して絶縁してやる!」

京太郎「次には皆に俺達のこと話して、一つずつ縁を切ってやらぁ!」

京太郎「それで最後にはアンタと別れて、東京から出てってやる!!」

京太郎「いくぞ淡!もうここまで来たんだ。腹括れ!」

淡「うんっ!」

智葉「そ、そんなこと...させると思ってんのか?」

京太郎「行く道退けねぇのはこっちだって同じなんだよ智葉ァ!!」

智葉「ぐっ...許さんぞ、お前は...お前は私の」

智葉父「よさんか!お前達」

智葉「オヤジ...でも」

智葉父「私の目も曇ったもんだな、え?京太郎君」

智葉父「君のことは私なりにも高く買っていたつもりだった」

智葉父「しかしね」

智葉父「親というものは往々にして我が子を依怙贔屓するもんだ」

智葉父「こういう闇に隠れて蠢く連中の親玉ならなおさらね」

智葉父「だから...」

京太郎「淡と俺を引き離すつもりですか?」

智葉父「暴論も正論も異常な状況下では常に同じ位置にある」

智葉父「だが君達が間違っている分、私達の方がやや有利だ」

智葉父「どうするかね?須賀君」

智葉父「私の娘に謝り、今までの失言を侘び、元の鞘に戻るなら...」

智葉父「私が責任を持って智葉を説得しよう」

智葉父「君のお姉さんには指一本触れさせないし干渉もさせない」

智葉父「もし、謝らなければ...分かるね?」

智葉父「誰も幸せにならない終わりが君に訪れるとだけ言っておこう」

京太郎「...」

京太郎「辻垣内さん。俺は自分の言ったことは絶対曲げません」

京太郎「さっき貴方の娘さんに言ったとおりのことをして」

京太郎「それが全部清算できたら、智葉さんと別れて東京から出て行きます」

智葉父「智葉は頑固だぞ。君もよく知っているはずだ」

京太郎「二言はありません」

京太郎「俺は間違ったまま、この道を突き進んでいくつもりです」

智葉父「そうか...」

智葉父「全く、君って奴は大物だな。完敗だよ」

智葉父「君は私達じゃ手に負えない。好きにすると良い」

智葉「おい、何勝手に話をまとめようとしてるんだ!オヤジ!」

智葉父「やり過ぎだ、智葉」

智葉父「どのみちこの二人は幸せにはなれない」

智葉父「それとも...」

智葉父「そんなに寂しいなら俺が今から男を見繕ってやろうか?」

智葉「そ、それは...」

智葉父「よし分かった。おい!お前ら」

「へい!」

智葉父「今から街に出て、学があって腕っ節の強い男を捜してこい!」

智葉父「下手な男連れてきたら...分かってんだろうな?」

智葉「ふざけるな!私は京太郎をあきら...」

智葉父「沈むか?」

智葉「?!...いや、です」

智葉父「遠慮するなって。な?」

智葉「沈みたく...ないです」ガタガタガタ

智葉父「俺達が、彼に、お前が言ったこと以上の酷いことをしていいのか?」

智葉「やめて...ください」

智葉父「聞こえないなぁ...おい、誰か木刀もってこい」

智葉父「気が変わった!この二人を徹底的に痛めつけてやる」

智葉「もういいです!」

智葉「京太郎、大星。お前らなんか大嫌い...だ!」

智葉「どこへなりとも好きな場所に行って...野垂れ死んでしまえ!」

智葉父「だそうだ。これでこちら側のケジメはつけさせて貰った」

智葉父「おう智葉、一丁前に女が粋がって男の行く道塞ぐんじゃねぇ」

智葉「くうううっ...こんなのって、こんなのってあんまりだろうが」

智葉父「京太郎君」

京太郎「はい」

智葉父「茨の道だぞ?今からでも智葉を選んでくれないか?」

京太郎「俺の隣には、もうコイツしかいないので...」

智葉父「そうか...」

智葉父「よく言った」

智葉父「大星さん」

淡「はい」

智葉父「ちゃんとした職に就いて一生懸命旦那さんを支えなさい」

智葉父「私も娘も曲がったことは大嫌いだが、はぁ...」

智葉父「君達二人は、死ぬまでその在り方を変えちゃダメだぞ」

智葉父「さ、この娘を私が引き留めている内に早く帰りなさい」

京太郎「すいません...ありがとうっ、ございます」

智葉「お前達...」

智葉「二度と、その面、私の前に見せるんじゃない...」

智葉「気持ち悪い...本当にお前ら気持ち悪いよ...」

淡「ごめんなさ...い」

京太郎(こうして、俺達は誰からも祝福されない道を選んだ)

京太郎(親しい人達との縁を切るのがこれほど辛いとは思わなかった)

京太郎(照さんや咲は淡に泣きながら殴りかかろうとしたし)

京太郎(霞さんや菫さん、他の人達も咲達と同じ反応をしていた)

京太郎(逆に憧や竜華さんは哀れみながらも俺達の中を応援してくれた)

京太郎(そして、一ヶ月後...俺と淡は北海道へと旅だった)

後編へ続く...