春「京太郎……」トテトテ

京太郎「ん? どうした」

春「目、つぶって」

京太郎「はぁ? うん」

春「手、貸して」

京太郎「うん……」モニュ

京太郎「……なんだこの柔らかいの」

春「私のおっぱい」

京太郎「なにセクハラさせとんじゃ!」バッ


春「……揉みたくないの?」

京太郎「揉みたいよ! 揉みたいけど何だこの唐突な流れは!」

春「霞が京太郎はおっぱいダイスキおっぱい星人だって言ってたから……」

春「私と同類……」ドヤァ...

京太郎「あの人は……! また春に変なことを吹き込んで!」

春「……おっぱい揉めば大きくなるってのも嘘なの?」

京太郎「いや……それは本当の気がするけど」


春「じゃあ揉んで……」

春「私も霞ぐらいほしい……」

京太郎「いやいや……あんなに大っきかったら逆につらいだろ」

春「でも、京太郎はおっぱい好き」

春「私のおっぱいがおっきくなれば、もっと好きになってくれる?」

京太郎「いまでも十分大きいだろ……」

京太郎「んで……いまでも十分好きだよ」ダキシメ

春「ん……ならいい」


春「じゃ……かわりに京太郎のおっぱい揉んでおっきくしてあげる」ワキワキ

京太郎「やめて!」