「あッ……す、すみませんすぐ取ります!」ポロッ

「須賀君ったら……いいわよ、私が拾うから。まったく牌を全然触らせてなかったせいかしら」モゾモゾ

(お? 見え……見え……!)

「うーん、あとちょっと」ググッ

(見えた! タイツで分かりにくいけど白……のくまさんパンツ、だと……!?)

「よっと、取れた――――見た?」ゴゴゴゴゴ

「あー、すみません。部長ならもっとセクシーなの履いてるかと思ってましたがまさかくまさんとは」ハハハ

「あぅ……ぐすっ、いいじゃない! 私が可愛いモノ好きなのがそんなに変!?」ジワッ

「え、あ、いえ変じゃないっす! ただ意外だっただけで!」

「いいのよいいのよ、どうせ須賀君も馬鹿にしてるんだわ。まこだってクラスメイトだって笑って……」ヒックヒック

「――――ええい! どうせ笑われるならこんなモノ!」ぬぎっ

「ちょ、それはダメですって! ご乱心、部長がご乱心じゃあ!」


この後無茶苦茶慰めックスした――――――――――――――――


カンッ