「俺たち、付き合うことになりました!」

 それはきっと、私がこの世で一番聞きたくない言葉だった。


 夏休みも終わって、新学期を迎えた阿知賀麻雀部。

 心機一転、気持ちを切り替えて部活の準備をする私たちの前で、京太郎はそういった。

 その隣には、私たちがよく知る一人。恥ずかしそうに俯いている。

 ああそうなんだ、と私は他人事のように納得した。


 あっさりと、私、新子憧の初恋は終わってしまったのだ。


 思えば、その兆候は確かにあった。

 私と同じように、京太郎を追いかけるもう一人の目があった。

 その頃から、京太郎のことが気になっていたんだろう。


 付き合うきっかけになったのは、多分IH。

 私の知らない何かがあって、あの二人は結ばれた。


 私から見ても、二人はお似合いだと思う。

 きっとお互いに支え合って、幸せな関係を築いていくんだろう。

 そんな二人を見て、けれど、それでも。

 未練がましく、色々な考えが、頭に浮かんでは消えていく。


 ――思えば、あのとき。

 放課後の部室で、不意に二人きりになったとき。

 ――思えば、あのとき。

 一緒になった帰り道で、他愛のない話で盛り上がったとき。

 ――思えば、あのとき。

 偶然手が触れ合って、お互い照れくさそうに顔を逸らしたとき。


 この想いを、告げてさえいれば。

 あいつの隣に立っていたのは、私だっただろうか。

「京太郎」

「おう」

「……おめでと」

「へへ、サンキュー憧!」


 胸が痛い。

 息が苦しい。

 笑顔を貼り付けた顔の下で、叫び出したい衝動が渦巻いている。

 私も京太郎のことが好きなんだって、ここで全て曝け出してしまいたい。


 でも、そんなことはできなかった。

 こんな状況になっても、私は相変わらず臆病者だ。

 そんなことをして、京太郎との関係が壊れてしまうことが怖くて。

 それ以前に、未だにこの気持ちを口に出す勇気が私にはない。


 みんなが二人を祝福している。

 私はただそれを眺めている。

 気遣うような視線が、横から送られてくる。

 私はそれに気づかないふりをする。


 和気藹々とする空間の中で、ひっそりと、音を立てずに。

 私の想いは、その行き場を失った。

 カンッ