京太郎「あ、爽だ」

インターハイの為、東京入りした日の事だ。

久「へっ?」

京太郎「知り合いが東京来てるみたいなんですよ」

ホテルでのミーティング終了後、唐突にその呟きが漏れた。

京太郎「これから何もないなら、顔見てきてもいいですかね?」

久「え、ええ、いいわ。いってらっしゃい」

京太郎「じゃあすいません、行ってきます」

そう言って京太郎はホテルを後にした。

優希「今、スマホか何か見てたじぇ?」

咲「ううん、天井見上げて急に……」

まこ「どういうことじゃろな」

久「何か電波でも受信したのかしら?」

和「そんなオカルトあり得ません!」

彼女達の心配をよそに、京太郎は無事目的地にたどり着きつつあった。

京太郎「ん、近いな……って、お?」

爽「京太郎か?」

京太郎「おー、爽だ!久しぶり!」

爽「無駄にでかくなりやがって、まあ」

京太郎「爽が小さいんだよ」

しばらくぶりの再開で、昔話に花が咲く。

京太郎「ところでさ」

爽「うん?」

京太郎「なんで東京いるの?観光?」

当然の疑問。

爽「インターハイだよ。京太郎こそなんで?」

が、それはお互い様であって。

京太郎「俺もインターハイ……って言えたらかっこよかったんだけど」

爽「なんだ、違うのか」

京太郎「女子の付き添い。他校とかチェックしてるか?清澄ってとこなんだけど」

爽「あー、原村和のとこの!」

京太郎「全中チャンプって凄いんだなあ」

意外なところで、和の知名度の高さに驚く京太郎。

爽「それもあるけどな」

爽「他にも色々あってさ」

京太郎「へえ?」

爽「なんなら、部屋来るか?」

京太郎「それは流石にまずくないか?爽以外知り合いいなさそうだし」

爽「いや、誓子も揺杏も来てるよ」

京太郎「マジで?それなら、久しぶりに会いたいし行くよ」

爽「オッケー、じゃあこっちだ!」

揺杏「あれ?爽は?」

由暉子「それが……」

成香「急に、京太郎だっ!って飛び出してっちゃって……」

揺杏「え、京太郎来てんの?」

誓子「いつものアレじゃないかな」

揺杏「成る程ねー」

由暉子「アレ?」

誓子「ほら、爽って、時々よくわからないのやってるじゃない」

成香「大丈夫なんでしょうか?」

誓子「大丈夫よ。すぐに京太郎君を連れて戻って来ると思うわ」

揺杏「いやあ、そっか、京太郎かあ。久しぶりだなぁ」

由暉子「……どちら様でしょう?」

カンッ