京太郎「ちゃんと依藤先輩に言われた通りに用意したんだろうな?」

友香「大丈夫でー」

京太郎「ほんとか? 何か変なアクセント加えたりしてないだろうな」

友香「そ、そんなことしてないでー」

京太郎「怪しい……普通の麦茶でいいのにミルク麦茶仕上げるやつの言うことだからな」

友香「うっせ! 信用しろ」ベシッ


美幸「あ、二人とも。今日の放課後の相談?」テクテク

京太郎「あ、椿野先輩。こんちわ」

友香「ちわっす。そっす、最後の打ち合わせでー」

友香「なんと! 今日用意するケーキは」

京太郎「言うな。楽しみが減るだろ」ペシッ

美幸「そうだよもー。そこはサプライズにしといてほしいよー」

友香「ふっふ~ん、まあ楽しみにしておいてほしいっす」


美幸「うんうん。聞いたよ? 今回は二人がすごく頑張ってくれてるって」

友香「当然っす。あれもこれもそれも私の功績でー!」

京太郎「俺はこいつのストッパー役です……」

美幸「あはは、お疲れ様ー」

美幸「楽しみにしてるからね。今日の引退パーティー」


美幸「私も一年二年の時にやったけど、送られる立場になるのもワクワクするねー」

友香「い、引退しても部活には出てきてほしいんでー」

京太郎「だな。是非お願いします」

美幸「うん。受験もあるけど、ちょくちょく寄らせてね?」


美幸「じゃ、次は移動教室だから行くねー」

京太郎「はい」

友香「お勤めごくろうでー」

美幸「あ、須賀君、ちょっと動かないで」

京太郎「? はい」

美幸「よっと……とれたとれた。糸くずついてたよ」

京太郎「あ、ありがとうございます」

美幸「んじゃね~」


京太郎「…………」

友香「……なに、妄想してるんでー」

京太郎「し、してねえよ?」

友香「嘘つけ。鼻の下伸びてた」

京太郎「ぐっ……」

友香「せいっ!」バン

京太郎「いてぇ! なぜ殴るか!?」

友香「背中に虫がついてたんでー!」

京太郎「俺の背中で殺すなよ!?」


澄子「カギを閉めて……っと」カチ

澄子「お二人とも、お疲れ様でした。カギは私が帰してきますので、さきに帰ってください」

友香「おつかれっす!」

京太郎「お疲れ様でした」

京太郎「依藤先輩は一人で大丈夫ですか? もう大分暗いですけど」

澄子「大丈夫ですよ。今日は車が迎えに来てくれているので」

澄子「須賀君は森垣さんをしっかり送っていってくださいね?」

友香「しっかり送り狼するんでー」

京太郎「お前それ意味わかって言ってねえだろ……」




京太郎「……三年生、引退しちまったな」

友香「うん……」

友香「椿野先輩、喜んでくれてたでー」

京太郎「……泣いてもいたけどな」

友香「まあ……結局、先輩が在学中はインハイでも近畿大会でも優勝できなかったから……」

友香「私がもっと稼いでれば……」ウツムキ

京太郎「バカ、お前は十分がんばったよ」

友香「あ、頭撫でるな!」ゲシッ

京太郎「痛いっ!?」


友香「……おい、京太郎」

京太郎「ん?」

友香「椿野先輩に告白しないのか?」

京太郎「ばっ……し、しねーよ!」

友香「椿野先輩のこと、好きなんだろ?」

京太郎「……まあ、そうだけどさ」


京太郎「椿野先輩は三年生で、もう受験控えてるし」

京太郎「それに、俺じゃ吊り合いとれねーよ」

友香「そ……そんなこと、ないでー……」

友香「お前は告白しない理由をあれこれ付けてるだけでー!」

京太郎「っ……」

京太郎「あの人が傷ついている時に、それに付け込むようなことしたくねーんだよ!」

友香「う……」

京太郎「あ……わ、悪い、どなって……」


友香「うっせ、ヘタレ」

京太郎「泣くなよ……」

友香「な、泣いてないでー……」


友香「……京太郎ー」

友香「多分、椿野先輩もお前のこと想ってるから……」

京太郎「……ありがと、ごめんな」

友香「うっせ……謝るな」グスッ


友香「誰にでも優しくすんな……」