京太郎「おっ?うまそーなもん食ってんな」ヒョイ

淡「ちょっと、私のお菓子!」

京太郎「いーだろ別にー」モグモグ

淡「…ていっ!」バッ

京太郎「うおっ」

淡「へへーん、私だって飲み物もらうもんねー」ゴクッ

京太郎「いや別に構わんけどそれ…」

淡「あばー…」ダラー

京太郎「ブラックコーヒー…遅かったかー…」

淡「何でもっと早く言ってくれないのー…にがいー…」

京太郎「言う前に奪ったくせに何を言っとるか」

淡「これはばいしょーせいきゅーものだね!弁護士を呼ぶよ!」

京太郎「そこは俺が呼ぶ側だよ。ほれ、これでも食って落ち着け」グイッ

淡「もごっ…んぐんぐ…これ私のお菓子じゃん!」

京太郎「美味いだろ?」

淡「美味しい!でもこれしょっぱいの!私が食べたいのは甘いの!」

京太郎「恨むならその菓子を選んだ自分を恨め。俺は悪くねぇ」

淡「むー!」ベシッ

京太郎「いってぇ!何すんだ!」

淡「むかつく!むーかーつーくー!」ベシベシベシ

京太郎「痛てーって!」

淡「私も手が痛いー!」ベシベシベシベシ

京太郎「なら止めろよ!いつまで叩いてんだ!」

淡「このもやもやが晴れるまでー!」ベシベシベシベシベシ

京太郎「あだだだだだだだだ!」



菫「…あいつらは何をやっとるんだ?」

照「犬も食べない類いの何か。私も食べられない甘さはノーサンキュー」サクサク

菫「菓子はしょっぱいらしいが?」

照「…フッ」

菫「今鼻で笑ったか?」

照「菫にはそのままでいて欲しい」

菫「鼻で笑ったかどうかを聞いてるんだ。おい、答えろ」

おちなしカンッ