まこ「京太郎」

京太郎「はい?」

まこ「聞きたいことがある」

京太郎「なんですか?」

まこ「あー……久からじゃ。わしの本意じゃない」

京太郎「部長が?分かりました」

まこ「おんし、彼女はおるんかの?」

まこ(まったく、久も面倒なこと押し付けおって)

京太郎「えっ?」

まこ「唯一の男子部員じゃからの。外からの目を気にしてるそうじゃ」

京太郎「なるほど、そうですか……」

まこ「後は、他の一年のモチベーションに関わる言うておる」

まこ(三人ともドアの向こうで聴いてるんじゃろうが)

京太郎「へっ……?」

京太郎「いやいやいや、それはないですよ、あいつらがそんなこと」

まこ「まあ、今はそう思うとれ。で、おるんか?」

京太郎「……ええ、まあ、そうですね。というか、その」

まこ(……扉の向こうが騒がしいのう)

京太郎「先輩?」

まこ「久から相手も聞き出せ言われちょるが、わしはとしてはな……」

京太郎「なら、適当に誤魔化してやめません?」

まこ「そうしようかのう」

久「話は聞かせてもらったわ!」

京太郎「へっ?」

まこ「なんてとこに潜んどるんじゃ……」

久「まあ、いいじゃないの。ちょっと埃っぽいけど、いいとこよ?」

まこ「そういう意味じゃないわ……」

久「それで、須賀君!」

京太郎「はい?」

久「彼女が誰だか言えないのよね?」

京太郎「まあ……当人に了承を得てないですし」

まこ「……」

久「なら……そうね、どういうデートをしたとか教えてくれる?」

京太郎「それになんの意味が……」

久「そこから、相手を推察くらいしたっていいじゃないの」

京太郎「えぇ……部長、楽しんでません?」

久「まあねー」

京太郎「はあ……」

まこ「それくらいならええじゃろ」

まこ(いい加減、三人も落ち着きたいじゃろうしの)

京太郎「あー……そうですね、それなら」

京太郎「一緒に本屋を巡ったり」

咲「!!」

京太郎「麻雀を付きっきりで教えてもらったり」

和「!!」

京太郎「タコスの味を見てもらったり」

優希「!!」

京太郎「まあ、他にもお家に上げさせてもらったり」

京太郎「でも、健全なお付き合いをしてますよ」

まこ「…ばかたれ」

久「ふーん、そうなの…へぇ…」

京太郎「……照れくさいんでこれくらいでいいですか?」

久「そうねえ……じゃあ、最後に一つ」

まこ「おい、久、いい加減に…」

久「ここまで来たら今さらよ」

まこ「おんしが言う言葉じゃないわ、あほう」

京太郎「まあまあ、先輩。それで、なんです、部長?」

久「須賀君の彼女って、麻雀部にいるのかしら?」

まこ「久!」

久「何よ、まこったら。そんなに大きい声出さなくてもいいじゃない」

まこ「頼むから。堪忍せい……」

久「へっ?」

京太郎「……そういうことなんです、部長」

カンッ