京太郎「夏ですね…」

萩原「ええ」

京太郎「海ですね…」

萩原「はい」

京太郎「なのに…」


衣「とーかーー!早く来ないと衣は一人で入ってしまうぞー!」タタタタタ

透華「お待ちなさい衣!そんなに走ると…熱っ!砂が物凄く熱いですわ…!」ヨタヨタ


京太郎「ボインのねーちゃんが一人もいないじゃないっすか…!」

萩原「おやおや…」

京太郎「『おやおや』じゃないっすよ!ハギヨシさん言ってたじゃないですか!今年の夏はウチでバイトしませんかって!旅行先の海では一夏のアバンチュールも夢じゃないってぇ!!」

萩原「はい、言いましたね」

京太郎「ならなんで!ボインボインで!!むちむちの!!!おねーさんがいないんスか!!??ていうか龍門渕さんしかいねぇ!!!!!」

萩原「…須賀くん、いいですか?落ち着いて聞いてください」

京太郎「…なんですか」

萩原「私は何一つ嘘はついていませんよ。ただプライベートビーチだとは言ってなかっただけで」

京太郎「もはや詐欺じゃねーか!あと改めてすげーな龍門渕!」

萩原「フフ、それほどでもありますよ」

京太郎「ある程度以上の謙遜は嫌みってことですね、勉強になりますクソがァ!」

萩原「おやおや、須賀くんはとてもお元気なご様子。何か良いことでもあったのですか?」

京太郎「少し前の俺は確かに幸せでしたねぇ。主に頭が」

萩原「座布団一枚…といきたいところですが今は暑いですので言葉だけで」

京太郎「逆に言えば用意はできるんですか?」

萩原「ええ、ここに」スッ

京太郎「……龍門渕が、じゃなくてハギヨシさんがすごいんじゃ…」

萩原「いえいえ、お嬢様の目立ちたいがゆえの行動は時折私でも追い付かない突拍子さがありますので」

京太郎「それ暗にバカにしてません?」

萩原「ふふふふ」

京太郎「否定したげてよぉ!そりゃ否定できませんけど!!」

萩原「ただの冗談ですよ」

京太郎「ならいいですけど…そういや沢村さんたちはどこにいるんですか?さすがに沢村さんの水着姿を拝まないと気がすまないんですけど」キョロキョロ

純「おっ、俺達をお探し?」ヒョコッ

京太郎「この声は井上さん!ってことはそこに…!」バッ

純「おうよ、俺が井上さんだぜ」E.水着

一「そしてボクが国広くんだねぇ」E.際どい水着

智紀「我はサワムラ…コンゴトモヨロシク…なんて…」E.パーカー

京太郎「」ガクッ

純「うぉっ、どうした須賀?」

京太郎「…んで」

純「?」

京太郎「何でパーカーなんか着てんですか沢村さん!」ガタッ

智紀「え?」

京太郎「海なんですよ!?暑いんですよ!?ならざぶんと泳ぐべきなんじゃないですか!?水着で!」

智紀「いや、日射しがきついし…」

京太郎「日射しに負けないで!太陽がなんだって言うんスか!あんなもんただの球体っす!その胸の双球にはかなうはずもない!」

智紀「えっ」サッ

京太郎「あぁつい本音が俺のバカバカバカ!」

一「ホント欲に忠実だよねぇ須賀くんってさ」

京太郎「紐水着は黙って…!」

一「なにさ?」

京太郎「いや…それはそれで…なかなか…」

純「節操なしの残念ボーイめ」

京太郎「ハハハ、何とでも言ってくださいよ。おへそ回りのなだらかなカーブが実にグレートな井上さん」

純「マニアック過ぎるわ」スパァン

京太郎「あだっ」



衣「おーい!きょーたろー!みんなー!泳がないのかー!」

透華「須賀さん!あなたがこちらに来なくては招待した意味がありませんのよ!早く皆で来てくださいまし!」

純「だ、そうで」

一「しょうがないね、ふざけてないでそろそろ行こっか」

智紀「ん…」スルッ…

京太郎「…ッ!」グッ

一「あ、須賀くんはここにある荷物運んできてね?」

京太郎「なにゆえ!?」

一「いまともきーの身体ばっちり見たでしょ?それはもう舐めるように」

智紀「…変態」ササッ

京太郎「その罠は不可避すぎませんか!?」

純「ま、そもそもバイトだしな。おらおら、きりきり働けーい」ゲシゲシ

京太郎「ちょっ、蹴らないでくださいよ!ふくらはぎから太もものラインが艶やかな井上さん!」

純「オラァッ!」ゲシッ

京太郎「いっでぇ!」

萩原「大丈夫ですよ。私もお手伝いいたしますので」

京太郎「ありがとうございます、ハギヨシさ…ん?」

萩原「どうかなさいましたか?」

京太郎「…ハギヨシさんの持つ分少なくないです?」

萩原「…須賀くん」

京太郎「はい」

萩原「私もたまには楽をしたいのです…よっ」ダッ

京太郎「あっ、ずりぃ!」

萩原「ギリギリ持ち運べる量を計算していますので、お早めにお願いしますね!」タッタッタッ

京太郎「…ふんぬっ!」ガシッ

京太郎「…うわぁ、マジで出来なくもない重さだよ…いちいちスペック高すぎんだろあの人…」ヨタヨタ


――なお、本当にギリギリだったため、痺れを切らした衣が飛びついてきた時は当然もろともに倒れこんだのは別のお話

カンッ