巴「お姉さん…ですか?」

京太郎「はい、お姉さんです」

初美「まーた京太郎が変なこと言い出したですよー」

京太郎「変なこととは失礼な!男ってのはですね、いくつになっても包んでくれるような優しさを求めるんですよ!」

春「…」スッ

京太郎「お?なんだこの包み紙」

初美「はるる?」

春「黒糖…包んでおいた」グッ

京太郎「そう言うことじゃねーよ!」ポリポリポリ

巴「食べるんだ…」

京太郎「春の選ぶ黒糖に外れなしっすから」

春「…」テレテレ

初美「何気にレアな照れはるるなんですけど」

巴「それにしてもお姉さんねぇ…?」

京太郎「例えば巴さんはもう普通にお姉さんって感じっすよね。適度に甘やかして、適度に窘めて…姉力高いっすよ!」グッ

巴「あ、あはは…ありがと、でいいのかな?」

初美(これがお姉さんの対応ってやつなんですねー)ヒソヒソ

春(近所に住むお姉さんポジって感じ)ボソボソ


「ふっふっふ…京太郎くんはお姉さんを求めてるんですね?」

京太郎「ぬっ…!?何奴!」

巴(ぶっちゃけシルエット丸見えだよね)ヒソヒソ

初美(それは言わないお約束なのですよ)ボソボソ

春(付き合ってあげるのが人の情け)コショコショ

小蒔「ふふふ…この私、神代小蒔が!京太郎くんのお姉さんになってあげます!全力で!」

京太郎「いや、小蒔さんは無いわ」キッパリ

小蒔「ひどいですぅ!?」ガーン

巴「小蒔ちゃんじゃ駄目って…何か理由があるの?」

京太郎「うーん、色々あるんですけど…一番大きいのはなんつーか妹っぽいんすよね、小蒔さんって」

小蒔「い、妹…はぅぅ…」ショボン

初美「あ、落ち込みましたね」

春「姫様、これ食べて元気だして」

小蒔「あうぅ…」ポリポリ

京太郎「落ち込まないでください、小蒔さん!」

初美「落ち込んだ原因が何か言ってますねー…」

小蒔「うぅぅ…でも京太郎くんのお姉さんになれない私なんて…」

京太郎「いえ、それは違います小蒔さん!年上なのに妹なんてすごくレアですよ!いわばオンリーワンです!」

小蒔「オンリーワン…ですか?」

京太郎「はい、オンリーワンです!自信持ってください!」

巴(年上の妹が持つ自信ってどういう…)

小蒔「オンリーワン…私が京太郎くんの…オンリーワン…えへへぇ」ニヘラ

京太郎(ほら、妹っぽい)ヒソヒソ

初美(あー、確かに)ボソボソ

巴(あ、あはは…)

春「…はっちゃんは?」

初美「え?」

春「ハッツミーはお姉さんとしてはどうなの?」

初美「それよりその呼び方は何なのですかはるる」

京太郎「初美さんかぁ…んー…」

初美(どーせ年上に見えないから除外とか言うんでしょうねー)

京太郎「…見た目に反して、実はかなりのお姉さんタイプなんですよね」

初美「ほぁっ!?」

京太郎「こう、普段は悪戯っぽいと言うか一緒に悪さとか率先するタイプなんですけど…時に慈愛の笑みで甘やかしてくれる感じなんですよ」

巴(すごい高評価…大穴だなぁ…)

京太郎「それと普段とのギャップでコロッといっちゃったりしそうっすね。初美さんがお姉さんだったら割と嬉しいかもしれないです」

初美「あー…うー…」

春「…照れ初美」ボソッ

初美「うううううるさいですよはるる!?」

小蒔「可愛いです、初美ちゃん!」

初美「姫様までー!?」

京太郎「ふぅ…お姉さんについて熱く語ってたらちょっと疲れましたね…」

巴「…あれ?霞さんは?」

初美「そう言えば霞ちゃんに関しては聞いてませんねー」

京太郎「霞さん…霞さんは…駄目です」

春「駄目?」

京太郎「駄目なんですよ、理想的過ぎて。殿堂入りすら生ぬるい…語るなんて出来っこないんですよ」

巴「順当と言えば順当だねぇ…」

小蒔「確かに霞ちゃんはお姉さんって感じですよね」

初美「文句はないと言うか文句の付け所がないと言うか…確かに理想的ではありますねー」

春「…」ジー

初美「どしたんですはるる?襖なんてじっと見て」

春「………てい」スパァン

霞「……ぅぅ」カァァ

小蒔「あ、霞ちゃん!」

巴「うわ、顔真っ赤」

初美「入るに入れなかったんですねー…」

霞「あ、あまり見ないでもらえないかしら…恥ずかしいわ…」

春「これがザ・お姉さんの風格…」

巴「そう言えばさっきから須賀くんが静か…」チラッ

京太郎「…」ドサッ

小蒔「京太郎くん!?」

初美「一片の悔い無しって顔してますねー」

霞「だ、大丈夫?京太郎くん?」

春「大丈夫。そう、黒糖ならね」グイグイ

京太郎「もごっ!?おぶっ、ぐおぉっ!息できね、死ぬって!」ジタバタ

小蒔「春ちゃん!ストップ、ストップです!」ワタワタ

初美「一気に騒がしくなりましたねー…」

巴「あはは、そうだね…でも、なんていうか…楽しいよね、こういうのも」

初美「ふふふっ、そーですねー」

巴「あ、なるほど。その感じが京太郎くんの言ってたお姉さんの顔なんだね」

初美「はうっ!?し、しつこいのですよ巴ちゃん!」

おちなしカンッ