京太郎「ううっ...もう食べられない、です」

ダヴァン「サァ、京太郎。ラーメンを毎日食ベルのデス」

ダヴァン「ブレックファーストにはバター&マーガリンラーメン」

ダヴァン「ランチにはステーキラーメン、ピザラーメン」

ダヴァン「ディナーには餃子とチャーハンセット&塩味噌醤油ラーメン」

 ずるずるずるずるずるずるずるずるずるずるずる~~

京太郎「もうやだ、止めて下さいメグ先輩」

京太郎「毎日毎日ラーメンなんか俺は食べたくないんだよーっ!」

ダヴァン「ワッツ?!」

ダヴァン「私のダーリンに悪い食べ物を吹き込んだのはダレでスカ?」

ダヴァン「KFC派のハオでスカ?米の伝道師サトハでスカ?」

ダヴァン「ようやく京太郎がラーメンの良さを分かりハジメていたのに...」

京太郎「ちょっと待って...先輩、いま器になにを入れたんですか?」

ダヴァン「フッフッッフ...お前の頭をラーメン色に染めてやるデス!」

京太郎「く、口が、閉じない」

ダヴァン「マイ・オンリーワンメガン・ダヴァンラーメンデーース」

京太郎「うごあああああああああああおおおおおおおおおお!!!!」

ダヴァン「ふーはっはっっは~!!」



チュンチュンチュン


京太郎「うわああああああああああ、って夢か...」

京太郎「それにしても、夢の中でもラーメンってほんと止めて欲しいわ」

京太郎「大体なんだよ。あの人臨海のコメディリリーフ的な人じゃん」

京太郎「役割分担から逸脱するの止めて欲しいわ...」


???「ピピピッ、お湯が沸きました」

 ゴポポポ...

京太郎「さて、今日の朝飯は」

京太郎「湯豆腐ラーメンとナメコとネギの味噌汁ラーメンだ」

京太郎「朝はやっぱりヘルシーでおいしく食べなきゃな」

ダヴァン「OH、グッモーニン京太郎」

ダヴァン「今日の私の朝食はどうデスか?」

京太郎「ええ、やっぱりラーメンはどんな食べ物にも合いますね」


カン