京太郎「いっそ専業主夫になれって……」

ハギヨシ「……私を訪ねてこられたと言うことは、そうなる決意をしたと見て宜しいですね?」

京太郎「はい、宜しくお願いします」

ハギヨシ「解りました、では先ずは……」

ある日、京ちゃんがバイトを始めたと言いました。

そのバイトはかなり体を酷使するのか、いつも疲れた顔をするようになりました。

もちろん、そんな疲れた顔を見せるのは私にだけです。

久「須賀君、いつもお疲れ様」

……或いは、部長も気がついているようで、労うことが多くなりました。

久「ほら、ベッドに横になりなさいな、マッサージ位はしてあげられるわよ」

……スキンシップが増えている気がする……

さておき京ちゃんのバイトの日々は過ぎ、卒業の日を迎えると、部長……いえ、久先輩が姿を見せて、京ちゃんを連れていきました。

その後の事は解りませんが、二人が結婚したことは招待用の往復葉書が届いたので解りました。

咲「……専業主夫になれば良いのになんて言わなければよかった」

カン