夏休み、鹿児島



京太郎「暑い夏には」

春「流しそうめん」

小蒔「ん~、おいしいです」

霞「氷で冷えた麺のつるんとした、この喉ごしがたまらないわぁ」

初美「流しそうめんなんてひさしぶりなのですよ~」

京太郎「後でかき氷も作りますからね」

湧「あっ、色つきもーらい」

小蒔「ああっ?!私も赤いの狙ってたのに...」

初美「あらあら、そんなに食べたかったの?」

小蒔「いえ。ただ、気になることを小耳に挟みまして」

明星「どんなことをですか?」

小蒔「なんでも赤いおそうめんを食べた人は、近いうちに」

春「近いうちに...?」

小蒔「赤い服を着た悪い人に連れ去られてしまうらしいんです」

湧「ひぇっ」

小蒔「そして連れ去られた後...」

霞「はいはい、それは昨日やってたテレビ番組のネタでしょう?」

霞「もしそうだったら私もみんなもとっくに連れ去られてるわ」

湧「な、なぁんだ...姫様ったら冗談が過ぎますよ」

京太郎「湧、それ冗談じゃないぞ」

全員「え?」

京太郎「青いそうめんをたべたら青い人が」

京太郎「黄色いそうめんを食べたら黄色い人が」

京太郎「そのそうめんを食べた人の所に来てしまうんだよーっ!」

全員「ええええーっ?!」

霞(えっ?!小蒔ちゃんの冗談、冗談じゃなかったのかしら)

巴(ど、どうしよ...、青いそうめん食べちゃったよ)

明星「またまた。悪のりが過ぎますよ、京太郎さん」

明星「大体、こんな山奥で一体だ...わひゃっ?!」

初美「青いそうめんを食べた奴は胸をもまれー」

巴「あんっ」

京太郎「黄色いそうめんを食べた奴はケツを触られる~」

明星「ちょっ、なにするんですか!スケベ、馬鹿」

京太郎「痛てっ、イテッ、叩くの止めろって明星」

春「こうしちゃいられない」

小蒔「あっ、春ちゃん。どこに行くの」

春「内緒」

初美「うりうり~。ここがええんかええのんか?」

明星「あっあっあっ、や、やだっ。初美さん止めて下さい」

春「京太郎、口開けて」

京太郎「?」

春「あーん...」

京太郎「むぐむぐ。って、茹でてない奴だろこれ」

春「赤と青と黄色のそうめん、食べちゃったね」

京太郎「んぁっ。春、お前どこ触ってるんだよ」

春「京太郎のエッチな気分になる場所...」

春「三本とも京太郎は食べちゃった。だから」

春「赤い服を着た私が連れ去っても文句は出ない」

湧「異議あり。京太郎兄ちゃんは私を連れ去るんです」

湧「春ちゃんはその後」

春「却下」

湧「むむむむむ」

春「にらんでもダメ。年功序列と早い者勝ちは絶対」

巴(今がチャンス!)

巴「京太郎君。私を今すぐ攫って、さあ早く!!」

巴「私の部屋で既成事実を今作ろう、ね?」

霞「抜け駆けはダメよ。巴ちゃん」

霞「おとなしくおそうめんでも食べてなさい」

巴「おのれ垂れチチ」

霞「このっ、人の気にしていることをずけずけと...」

小蒔(アハハハ...)

小蒔(まさか私の冗談でこんな風になるなんて思いませんでした)

小蒔(でも、安心できました)

小蒔(今年の春に霞ちゃん、巴ちゃん、初美ちゃんが卒業して)

小蒔(皆が一緒にいる時間が減ってしまったけど)

小蒔(それでも私達の友情は変わっていなかった)

小蒔(いつか皆が結婚してあまり会えなくなる時が来ても...)

小蒔(こうして集まり、遊んで騒いではしゃげる関係でいたい)

小蒔「うふふ」

初美「どうかしたのですかー、姫様」

小蒔「あとでみなさん一緒に京太郎君にかわいがって貰いましょう」

小蒔「ん~、やっぱりおそうめんはおいしいですね~」


 カン