咲「ちょ、京ちゃん!えっち!すけべ!」

京太郎「お前のなんかもう見飽きてるわ。てか、お前ガード緩すぎ!もっと気を付けろよ!」

咲「はぁ?見ておいてその対応なんなの?もー、京ちゃんデリカシーないよ!」(プクー)

京太郎「へーへー、わかりました。お姫様はワガママでいらっしゃる。」

優希「(二人とも楽しそう……やっぱり咲ちゃんのほうがお似合いだよな)」(グズ)

咲ちゃん
咲ちゃん「え、み、見えてたの?」(プシュー

京太郎「あー、すまん」

咲ちゃん「ご、ごめんね?私がうっかりしてたから」

京太郎「いや、こっちこそ不注意だった」

和「咲さん、むしろもっと見せつけていく方向でいきましょう」

京太郎「おい原村ァ……お前はなんで乳首と割れ目に絆創膏のみでそんな堂々としてられるんだよ」

和「一さんが、これが最新のファッションと聞きまして。胸のハート型ピンク色絆創膏がおしゃれポイントですね」

咲さん
咲「京ちゃん、責任とってね(ニッコリ)」

京太郎「えっ」

咲さん「聞こえなかった?責 任 と っ て ね」(ニゴォ)