霞(会場で出会ってはや数日…)

霞(会う度、言葉を交わす度、溺れていっている自覚はありました)

京太郎「いやあ、ここのところ毎日会いますね、石戸さん」

霞「ふふ、そうね。お互い縁があるのね」

京太郎「いやあ、それは嬉しいなあ!」

霞「ええ、私も嬉しいわ」

霞(余裕ぶっているものの、内心はもうてんてこ舞いの様相で)

霞(嬉しいやら、恥ずかしいやら、照れくさいやら、楽しいやら)

霞(彼と話すただそれだけで、私はこの世で一番幸せだと言えるほどです)

京太郎「…あの、石戸さん」

霞「はい? どうしたかしら」

京太郎「その、よかったら、下の名前で呼んでくださいよ。京太郎で」

霞「え…あ、あら」

京太郎「いや、あの、せっかくですし、お近づきのしるしで! 他意は…その、ちょびっとだけ!」

霞「そ、そうなの…うふ、うふふ」

京太郎「…あの、石戸さん?」

霞(願ってもないことでした)

霞(私からではとても言えないお願いごと)

霞(胸が高鳴るのが、はっきり分かりました)

霞「…それじゃあ、私も」

京太郎「え?」

霞「霞って、呼んでください。…京太郎さん」

京太郎「え、あ、はい! …霞さん」

霞「!」

霞(…その瞬間に感じた幸福感を、きっと生涯忘れない)

霞(初めての想い…きっと、これは)

霞「ふふ、ふふ…これで仲良しさんですね、私たち」

京太郎「ええ。…あの、なんで敬語なんです?」

霞「あまり…ふふ、あまり、お気になさらないで? 京太郎さん」

京太郎「は、はあ…」

霞(認めてしまえば。受け入れてしまえば)

霞(何も怖いことがなくなったかのように、するりと)

霞「京太郎さん、お電話番号、交換しません? メールアドレスも」

京太郎「そりゃもちろん!」

霞「良かった…はしたない女だと思わないでくださいね? たとえ故郷が離れても…お話ししたいの…」

京太郎「か、霞さん…へへへ、まいっちゃうな、うれしいなあ…」

霞(この想いは、身を焦がすほどの情念に。執着に変わっていきました)

霞「末永く、よろしくお願いしますね、京太郎さん」

京太郎「はーい! …東京来て良かったー」

霞(…なにがあっても離しません。なにがあっても離れません)

霞(ああ…恋とはなんて素晴らしいのかしら!)

カン!