咲「京ちゃんが居なくなって数ヵ月が経ちました、時々電話やメールはくれるので完全な失踪ではないと部長は言います」

京太郎「ノートに向かって何をしてるのかと思えば」

咲「あっあっ」

京太郎「何々……国麻の前に帰って来た京ちゃんは、どこかに優しさを捨ててきたかのように、人が変わっていました……」

久「なーに、須賀くん失踪しちゃうの?」

京太郎「しませんって」

和「何を読んでるんです?」

優希「お、これは咲ちゃんのマル秘ノートだじょ!」

まこ「おいおい、そんなの読んだらいかんじゃろ……」

咲「み、みんないつの間に……」

京太郎「続きよむぞー」

咲「やめてー!?」

カン