久「男子が地味……ねぇ?」

美穂子「うーん……これを書いた記者さんは、麻雀には興味ないのかも」

ゆみ「そうかもしれない、あるいは女子の大会しか見ていないか」

透華「ですわね、本当に男子の大会をみているのであれば……麻雀に興味がおありであれば、このような記事には決してなることはありませんわ」

久「須賀くんの県大会初戦敗退……その時の感想は『咲を知らなきゃ麻雀辞めてた』だったわ」

ゆみ「ああ……彼は初めてだったのか」

透華「素人をエントリーする竹井さんも竹井さんですわよ」

美穂子「けれどこれで『国麻に向けて彼を鍛えて欲しい』と言ってきた上埜さんの話はわかりました」

久「女子のトップクラスがこの県にはゴロゴロ居るからねー色んな打ち手と打たせれば、須賀くんならきっと……」

ゆみ「……信じているのだな」

美穂子「上埜さんったら会うたびに彼の話ばかりしてくるのよ」

透華「浮わついていますわね」

久「ち、違っ」

ゆみ「良いじゃないか、彼の人柄は素晴らしいと思うぞ」

美穂子「本当……妬ましい……」

透華「まあまあ福路さん、そうパルパルなさらずに」

ゆみ「ま、合同合宿の件、確かに承った」

美穂子「ええ、うちも大丈夫よ、コーチにも確認を取ったから」

透華「合宿地は私が提供いたしますわ、ですから竹井さんは、この合宿に須賀さんを『必ず』連れてきてくださいな」

久「ええ、必ず連れていくわ」



久「そう言えば、鶴賀の部長って……」

ゆみ「言うな」

カン