ジャラジャラジャラ

久「たまには手詰みもいいわねー」

優希「なんかわかる気がするじょ。牌を転がす感覚が気持ちいいじぇ」

和「最近はずっと自動卓でしかたからね。こういう感覚は久しぶりです」

京太郎「オレは自動卓で慣れてたから、まだ詰みが慣れてないな…よっと、よしもう少し」

優希「はぁ~…そろそろ京太郎の子供を孕みたいじょ」

京太郎「  」

和「須賀くん?手が止まってますよ?」

京太郎「え!?あ、いや…ゆーき、いま何を…」

優希「ん?私がどうかしたか?」

京太郎「………いや、何でも無い。(気のせい、だよな。うん多分そうだ)」

和「では始めましょうか。…須賀くんの子種をたっぷり私の膣内で満たして欲しいです」

京太郎「 」

京太郎「の、和………お前、何言ってんだ!?」

和「え?あ、あの…私何か言いました?」

京太郎「いや、何って……」

和「?」キョトン

京太郎「………す、すまん。なんでもない。(いや、幻聴だろ。和があんなセリフいう訳ねぇし)」

久「も~大丈夫なの須賀くん?」

京太郎「だ、大丈夫ッス。すいません」

久「全くもう…須賀くんに後ろから押さえつけられてレイプされたいわ」

京太郎「 」

久「? 須賀くん、どうしたの」

京太郎「いえ…大丈夫っす。(うん、幻聴だ幻聴。間違いない) 」

ガラー

まこ「遅くなってすまん。京太郎の便器になって穴という穴に突っ込まれたいのう」

ゴンッ

和「きゃっ!?す、須賀くん、すごい勢いで頭を卓にぶつけましたけど!?

優希「京太郎、なんかさっきから変だじょ。悪い物でも食ったか?」

京太郎「……い、いや、大丈夫大丈夫。ちょっと眩暈がしてな。

   (あーうんやっべぇホントに幻聴だコレ。ここまで欲求不満だったのかなーオレははははは)」

咲「(ガラッ)すいません遅れちゃいました。あ、京ちゃん。丁度よかった。ねぇ京ちゃん…


 せっくす、しよ?」

京太郎「まさかの直球か」

よくわからないままカンッ