京太郎「竜華さん、好きです。つきあって下さい」

竜華「えっ?えっ」

竜華(うそ...これって夢?)

竜華(だって...京太郎君、怜ともう付き合ってるやん)

竜華(それに、前にウチに対してこう言ってたやんか...)

竜華(竜華さんは、高嶺の花で俺なんか。って)

竜華(別にそんなことを気にしなくてもいい立場なんやけどな、ウチ)

竜華(日向の道を歩けるようなご大層な家の出でもないし...)

竜華「ど、どういうことなのかな?京太郎君」

竜華「告白されて...ウチとしては嬉しいんやけど」

京太郎「...俺が先輩のことを好きだって言う理由じゃだめなんですか?」

竜華「い、いやいやそないなことあらへんよ」

竜華「ただな、京太郎君」

竜華「京太郎君には怜がおるやん」

竜華「彼女がいながら二股かけるのは人としてどうなん?」

京太郎「...その彼女が他の男と浮気してたんですよ」

竜華「はっ?!怜が?!」

竜華「いやいや!!そんな、そんなことあるはずない!」

竜華「あんだけ京太郎君のこと好き好き大好きっていってたやろっ!!」

京太郎「俺だって、信じたくなかった」

京太郎「その言葉を俺の部屋のベッドの上で、聞くまでは...」

竜華「そんな...」

竜華(京太郎君の光を失った瞳が全てを物語っていた)




竜華(ウチの、計画通りや)

竜華(元々京太郎君はウチが見つけて育てようと思ってた逸材だった)

竜華(イケメン。かつ女にチョロくて素直で純真なのはそういない)

竜華(大学の麻雀部に入っても鳴かず飛ばずの京太郎君をウチ好みに育て)

竜華(あわよくば実家の家業を継いでもらう算段は既に整えていた)

竜華(けど、京太郎君はウチの実家のことを知ってしまった)

竜華(女同士の友情は紙より薄いとはうまいこといったもんや)

竜華(怜ィ...ウチが庇護欲強いだけのアホンダラとでも思っとったんか?)

竜華(ちゃうで、そんな生ぬるい女やないんや。ウチは)

竜華(猫かぶるのがうまいのは自分だけやないんやで?)

竜華「...京太郎君。本当に嘘やないんやな?」

竜華「いまから怜に電話して、事の真相を確かめるで?」

竜華「ウチと数年過ごして、どんな女なのか結構知ってるやろ?」

京太郎「はい...でも、俺...頭が真っ白になってどうすればいいのか...」

京太郎「もう、もう...なにも分からないんですよ!!」

竜華(ああ、別に知らんでもええ事を知らんままならそれでええわ)

竜華(手はずは整った。あとは最後の仕上げをするだけ...)


竜華「京太郎君。電話の前に、これだけは聞かせてほしいんや」

竜華「君は怜と分かれる決心はついとるんか?」

京太郎「そっ、それは...俺、俺だって」

竜華「ついてないんやろ?」

京太郎「出来てます!」

竜華「...もう、無理せんとき、京太郎君」

竜華「間男か怜にひどいこと言われてずっとこらえてたんやろ?」

竜華「怜との結婚まで考えるくらいまでぞっこんやったのにな」

京太郎「うっ、ううっ...ごめんな、ごめんな怜...」

京太郎「俺が、俺が全部悪かったんだ...ごめんなぁ...」

竜華「...さっきの告白の返事なんやけど」

竜華「保留ってことにしておくな」

竜華「けど、ウチも京太郎君のこと...怜に負けないくらい大好きや」

竜華「でも、気持ちの整理もなにもついてないのに告白ってのも、な?」

竜華「それにウチの実家って警察の敵やし、正直あきらめてた」

竜華「不謹慎やけど、いまこうなって喜んでいる自分もいるんや」

竜華「だから」

竜華「もし京太郎君の気持ちに嘘が一つもなければ、答えて欲しい」

竜華「怜から君をぜーんぶ奪っても、ええんやな?」

京太郎「...忘れさせて下さい」

京太郎「楽しかったことも、苦しかったことも、あの人に抱いた想いも」

京太郎「なにもかも、全部!俺の中から消し去って下さい!!」




   ・・・
竜華「京太郎、いままでよく頑張ったな...偉い、偉いで」

竜華「心の傷はな、少しずつ、少しずつ癒やしていけば良いんや」

竜華「ウチも精一杯京太郎につきあう」

竜華「まず初めに、京太郎の心に開いた穴をウチで全部埋め尽くす」

竜華「その代わり、京太郎もしっかり立ち直るんやで?」

京太郎「竜華さん...竜華さん...、わぁあああああああ」

竜華(ふふっ、電話は後でええな)

竜華(これで京太郎はもうウチに依存するしか自分を保てなくなった)

竜華(後は京太郎と怜の愛の巣をぶっ壊して、直接怜から奪うだけや)

竜華(その次はいよいよ結婚や)

竜華(もう逃がさへんで、京太郎。相談した相手が悪かったな)


 カンッ