初美「う、うぅ~……」

京太郎「そんな泣かなくても……」

初美「うるさーい! どーせ京太郎には私の悔しさなんてわかってもらえませんよー!」ジタバタ

初美「娘の中学校入学式で自分の方が子供だと間違われる母親なんて、普通いませんよー!」

京太郎「……ぷっ」

初美「あー! 笑った! ひ、ひどいですよー」


京太郎「顔は初美似なんだけど、背はどちらかというと俺だからなぁ」

初美「どうせ私は小学校の身体測定の頃からビリのドンケツですよー……」グスッ

京太郎「ま、まあ、それだけ若く見られたってことで」

初美「それはそうですけどー」プクゥ

京太郎「初美は母親だよ。このお腹痛めて生んだんだもんな」ナデナデ

初美「ひゃっ! 急にお腹なでなではダメですよー」

京太郎「よーしよしよしよし」

初美「今度は動物扱いですか……」


京太郎「うーん、俺の物扱いかなぁ?」

初美「京太郎は独占欲強すぎですよー」

初美「この間も私に知らない人と話しちゃダメって言うし」

京太郎「いや、それは誘拐とかされそうだから」

初美「また子供扱いしてー!」ポカポカ


京太郎「いてっ、痛い、地味に痛い」

初美「悪い子にはゲンコツ100発ですよー」ポカ

京太郎「もー、あんまり暴れるなよー」

京太郎「もう暫くしたら二人目が生まれるんだからな」

京太郎「その子にも、お母さん一緒に小学校行こうよ、とか言われるぞ」

初美「そ、そうでした……大人しくしてますー」


初美「今度は私似の背丈だといいですー」

京太郎「それはそれで双子に間違えられそうな……」