「おめでとう菫」「おめでとースミレ!」「「おめでとうございます、部長」」パチパチパチ

菫「……これは何の騒ぎだ」

淡「えー? だってついにキョータローが告白したんでしょっ!
  んでスミレもキョータローがいなくなった後にすんごい喜んでたって言ってたよ?」

菫「なっ!? 誰だ見てたのは!! それと弘世先輩だろ淡!」ギロッ

照「恥ずかしいからって怒鳴るのは良くない」シレッ

菫「お前か! お前が見てたんだな照!?」

誠子「まあまあ、弘世先輩。須賀とお似合いだって部員みんなで応援してたんですよ? いやー、めでたいです!」

尭深「苦労人同士お似合いです」ポソッ

菫「渋谷……? はあ、まあ、いい。なんだ、ありがとう、と言えばいいのか?」

照「うん。これ、プレゼント」

菫「照……ありがt――なんだこれは」

淡「キョータローはおっきいおっぱいが好きでしょ? 淡ちゃんが押し付けてあげるといっつも喜んでるし。
  だからスミレもおっきくしないとってことでバストアップ体操の本。それとやっぱカレカノだったらデートでおべんと作るかなって」

菫「先輩をつけろと言ってるだろ淡ッ! ……まあ、いい。その二つは、まだいい。だが、なんだこれは!?」

尭深「エロ下着です」 誠子「すっけすけとか紐みたいな際どいのですね」 淡「むしろあえて隠さないタイプも!」

照「菫。グッドラック」b

菫「お、おまえらあああああああ~~~~~~!!!!」


この後京太郎が慰めましたとさ。           カンッ