京太郎「はあ、彼女欲しいな……」ボソ

ガタガタガタ!!

咲「えっ、京ちゃん彼女が欲しいの? それ「それなら!」」

優希「この優希様が犬の彼女になってあげても良いんだじぇ!!」

京太郎「いらねー」

優希「なっ!?」

咲「やっぱり、幼馴染みのわた「須賀くん!」」

和「もしも、私があなたの恋人に立候補したらどうしますか?」

京太郎「ごめん、和は無理だわ」

和「」

咲(い、いつも和ちゃんの胸を見てるのに無理!?)

久(詳しく話を聞かないと自爆しかねないわね……)

まこ「……なあ、京太郎。彼女が欲しいなら何で優希や和じゃダメなんじゃ? 和などお前の好みだと思っとたんじゃがちゃうんか?」

京太郎「確かに和は可愛いし、胸も大きくて最高だけど……」

和「わ、私の何がいけないんですか?」

京太郎「……パンツ履いてないような女はちょっと……尻軽なビッチっぽいって言うか……恥女だからな……」

咲優希和「「「」」」

久(あら? じゃあ、私はありかしら?)

まこ「ふむ、それならわしなんかは京太郎の彼女としてはどうかのぉ?」

久(出遅れた!!)

京太郎「染谷先輩は料理上手だし、家庭的な所は凄く良いと思います」

久(くっ、意外に好感触!?)

京太郎「だけど、足りない! 絶対的におもちが足りない!!」

まこ「」

久「……どれくらいの大きさの娘が良いの?」

京太郎「和を知っちゃいましたから、やっぱり同じくらいのおもちは欲しいっすね」

久(そんなのどんなに寄せ集めても無理よ……)

京太郎「ああ、おもちが大きくて、清楚で家庭的な女の子っていないかな? 彼女欲しいなぁ」

咲(私で我慢しようよ京ちゃん……)


カンッ!