憧「――くぁっ~~ふぅ…………ふきゅっ!?」

憧(は? え? 何、どうして隣に男が寝て……って服!? 私服着てないし!
  ちょ、なんかあそこがカピカピするし……え、もしかして?)サーッ

???「んっ……? ふああ~~っ。……あー、おはよう?」

憧「お、おは……よう……ふきゅっ」

???「んあー。思い出した。そっか、またやっちまった……」

憧「それより、服! 服着てよ! てかあんた誰!?」

???「もしかして覚えてないのか、憧。俺は須賀京太郎。昨日の合コン、覚えてないか?」

憧「昨日……合コン……! 思い出したっ! え、でも途中までしか記憶が」

京太郎「かなり酔ってたもんな。とりあえずシャワー浴びとけ。服は……サイズ合うか分かんないけど適当に見繕ってくれ。
     女物はそっちのタンスだから」

憧「え、うん……あたし何やってんだろ……初対面の男とって……あたりの初めて……」ジワッ


~数十分後~

憧「えと、昨晩何があったのか教えてもらっていいですか、須賀さん」

京太郎「いいけど。そんな堅苦しい口調止めようぜ? ベッドじゃ京くん京くん甘えてたんだし」

憧「それを覚えてないから言ってんでしょ!?」

京太郎「あはは、それもそうか。
     まあ割と簡単な話だよ。和と穏乃の紹介で飲み屋に集まったわけだけど、
     幹事の和が急用で来れなくなって、男が苦手っていう憧がめっちゃハイペースでカクテルがんがん飲んだんだ。
     カクテルってあれで結構度数強いから、そのままバタンキュ~っと。
     俺も結構飲んでたから、他の人も止めなかったし終電も過ぎてたしで」

憧「……お持ち帰りされたのね、私」

京太郎「そういうこと。ちょうど一昨日に咲と和でゴム使い切っちゃってたから……。デキたら責任はとるよ。
     これでも実家はちょっと金持ちだから安心してくれ。堕ろしたいならその費用も持つ」

憧「えっ。えっ!? あ、そういえばシャワー中にピンクのが垂れて……」カタカタ


この後あこちゃーはどうしてしまうのか!? とりあえず無茶苦茶セッ○スした!  カンッ!!