姫子「っ……」

姫子「……んぅ……」

煌「姫子さん姫子さん、大丈夫ですか? 今日は一日中調子が悪そうですが」

姫子「だ、大丈夫」

煌「顔も赤いですし、息も荒いですし……」スバラクナイ

煌「ハッ! ひょっとして」

姫子「」ビクッ


煌「きっと風邪ですね~」

姫子「そ、そうなんかも」コクコク

哩「なんや姫子、風邪引いとん?」

姫子「ぶ、ぶちょー……」

哩「あいば今日は休みんしゃい。一人で帰れると?」

姫子「だ、大丈夫です、ちゃんと部活出ますから」

哩「あほ、他のもんにうつされるのが困る。はよー帰れ」

煌「部長の気遣い、すばらです! これがツンデレというものなんですね!」

哩「うるさか」チョップ

煌「すばらっ!?」


哩「花田……よりも適任がおるか、送ってくなら」

哩「というわけで須賀、姫子を送っていくように」

京太郎「はーい」

煌「いくら恋人同士といえども、送り狼になっちゃいけませんよーぅ」

哩「だまれ」ゲンコツ

煌「すばらっ!?」


京太郎「……じゃ、鶴田先輩、帰りましょうか?」

姫子「ぅ、うん……」




姫子「……ぅ」フラッ

京太郎「おっと……大丈夫ですか? 鶴田先輩」

京太郎「あらら、膝が笑うほどですか」

姫子「す、須賀くん……お、お願いやけん、ソレ、とめて……」

京太郎「んん? ソレってなんのことですか?」

姫子「そ、その手に持っとるカチカチ……」

京太郎「えー、仕方ないなぁ」カチカチ

姫子「~~~~っ!」ビクッ

京太郎「あ、ごめんなさい。逆でしたね」テヘッ


姫子「ぅ、うぁ……」

京太郎「もう自分で立てませんか? どうしよ、おんぶしましょうか?」


姫子「や、やっぱりこんなことやめよ?」

姫子「今日だって花田が何度も心配してくるから、いつバレるかと……」

京太郎「嫌なら嫌で自分がつけてる方を外せばいいじゃないですか」

京太郎「言ったでしょ? やるもやらないも鶴田先輩の意思一つだって」

姫子「そ、そいけど……」

京太郎「決心つかないなら俺が持ってるのもあげますよ」

京太郎「はい、これで大丈夫でしょう?」

姫子「あ……」

京太郎「――さて、どうしますか?」






煌「姫子さん、須賀君、おはようございます!」スバラッ

京太郎「おはようございます、花田先輩」

姫子「お、おはよー、花田」

煌「もう体調の方はよろしいんですか?」

姫子「う、うん……大分慣れたから」

煌「??」