誠「よう京太郎、暇か?」

京太郎「部活中の相手に聞くこっちゃねーぞ」

咲「ごめんね高久田君、これから卓囲むの」

誠「そうかー暇ならちっと協力してほしかったんだが……」

久「内容いかんでは連れていっても構わないわよ?」

誠「マジっすか!流石生徒議会長話がわかる!」

久「内容いかんでは、ね?で、その内容は?」

誠「助っ人です」

久「トラブル?」

誠「そうっすね、グラウンドの使用権でちょっと」

久「ふむ、グラウンド使用権については議会に決定権があるのに?」

京太郎「本来ならサッカー部、陸上部、野球部、ラグビー部の順で優先権あるって話でしたっけ」

久「ええ、成績と大会時期を鑑みた決定よ」

誠「んでトラブってんのは野球部とラグビー部なんっす、で、京太郎に頼みたいのはハンドの審判なんですよ」

京太郎「ハンドの?」

久「ふぅん……つまりハンドボールの勝敗で決めようってことね?」

誠「うっす、野球部とラグビー部に京太郎と繋がりあるのいねぇもんで、俺にお鉢が」

久「……ま、良いでしょ、それでお互いが納得するならね、でも拗らせるようであれば私が出向きます……と、伝えておいてくれる?」

誠「はい!」

久「じゃ、須賀くん、行ってらっしゃい」

京太郎「はーい」



この後麻雀そっちのけで麻雀部員全員で京太郎の審判姿を見に行ったそうな、カン