怜「はあ、京ちんの膝枕が恋しいなぁ」

竜華「いややわ怜、私に膝枕されてて言うのがそれなん?」

怜「んー、ここから見上げるとよく見えるんよ
  わがままバディで京ちんを惑わす部長さんのお胸がな」

竜華「病弱アピールで京くんの歓心を買おうとする怜には敵わんわ~」

セーラ「仲良かったあの二人が見る影もないなあ、京太郎も罪なやっちゃ」

泉「二人きりになった途端にスカートやリボンつけはじめる先輩ほどやないんとちゃいますか」

セーラ「1年なのに大した口叩くなあ、露出増やしてるみたいやけど、京太郎は見てないで」

船Q「データ的にはどっちもどっちですけどね」

セーラ「さすが盗撮ストーカーは言うことが違うわ、真似したくないなあ」

泉「意見を合わしたいわけやないですけど全くですね」

船Q「見当違いのアピールをしてる人らに言われてもなあ
  相手の好みに合わせたほうがいいんとちゃいますか?」

セーラ「ストーカーは犯罪やろ、なに言うとんねん頭でっかちは」

船Q「脳筋は言うことが違いますなあ」


京太郎「すいません遅れました!」

竜華「別にええでー、雑談してただけやし」

怜「ああ竜華の膝枕はええなあ、でも京ちんのもなかなかやで自信もちい」

竜華「何言うてんの怜、いややわあ」

セーラ「京太郎遅れた罰に俺とドッヂでもやろか?」

泉「いいから練習しませんか?」

船Q「1年なのに仕切るなあ」

泉「い、いえ、そういうつもりではっ」

京太郎(みんな相変わらず仲良しだなあ)


カン