まこ「お疲れさん」

県予選後の事だ。
たまたま先輩と二人きりになったときに、そう言われた。

京太郎「たいして疲れてないですよ、一回戦負けですからね」

まこ「……あほう」

何とも言えない顔をした先輩。

まこ「京太郎」

京太郎「はい?」

まこ「座れ」

京太郎「?」

まこ「ええから、先輩命令じゃ」

京太郎「分かりました」

部長ならともかく、先輩が命令なんて珍しいな。
と、思いながらも素直に従う。
座ると、ちょうど頭一個分くらい先輩の方が大きいんだな、なんて呑気に考えてもいた。

まこ「京太郎」

ふわっ、と何か良い香りに包まれたと思った瞬間には。
先輩の胸に、頭を抱き抱えられていた。

まこ「お疲れさん」

優しく頭を撫でられて。

京太郎「……はい」

何故だか涙が溢れて。

まこ「来年は、全国に行こう。皆でな」

京太郎「はいっ」


カンッ