胡桃「もう! 豊音はもう少し危機感を持たなきゃ駄目!」

エイスリン「オトコハオオカミ!」バッ←狼のキグルミを着た京太郎の絵

塞「東京は色々と危ないところなんだから、もっと気を付けなよー豊音?」

豊音「でもー、私身体大きいし、力も結構あるから多分大丈夫だと思うけどなー」

胡桃「甘い! 何かあってからじゃ遅いんだからね!」

豊音「私になにかしようとする男の人なんていないよー」

塞「うーん、困ったなー。……どうするシロ?」

白望「……仕方ない、京太郎」

京太郎「なんですかシロさん?」



京太郎「それじゃ、俺が豊音さんを押し倒す振りをすればいいんですね」

白望「こういうのは、実際やってみた方が話は早いから……」ダルーン

京太郎「よし、行きますよー豊音さん」

豊音「どんと来いだよー!」ムフンッ

京太郎「よっ」ガシッ

豊音「むむむっ」ググ

京太郎「よいしょ」グイッ

豊音「え、うわわ」ヨロッ

ボスン←ベッドにダイブ

豊音「べ、ベッドに押し倒されちゃったよー」

京太郎「ほらほら豊音さん、もっと抵抗しないと」

豊音「よ、よーし、本気出すよー!」ググググッ

京太郎「お、結構強い」ググッ

豊音「んー! ……う、動かないよー」ジタバタ

京太郎「どうしました、そんなんじゃ振り解けませんよ」

豊音「もうダメ、限界、降参だよー……」クタッ

京太郎「これで分かりましたよね、豊音さん?」


京太郎「いくら豊音さんでも、男が本気出したら抵抗なんかできないんですよ」

豊音「えっ――――」ドキン


京太郎「これに懲りたら、ちゃんとみんなの言う通りに十分気を付けてくださいね」

豊音「う……うん、ちょー気を付けるよー……」カアアッ

京太郎「これでいいですかシロさん?」


白望「……京太郎の変態」

胡桃「変態!」

エイスリン「ヘンタイ!」

塞「ふ、不潔だよ京太郎!」


京太郎「え、酷くね!?」


カンッ