京太郎「あ、染谷先輩おはようございます。」

まこ「おう、須賀。奇遇じゃな。どれ、折角朝早く会えたんじゃし…」

京太郎「へ?いったい何を」

『キング・クリムゾンッ!!』

京太郎「………」

まこ「ふぅ…おい、須賀。いつまでも呆けとらんで急がんか。遅刻するぞ?」

京太郎「え?あ、は、ハイッス!」

京太郎(あれ?今何があったんだ?何か時間が飛んだような…?)

京太郎「それにしても今日はなんか朝からダルいな…」


まこ「須賀、少しいいか?頼みたい事があるんじゃが」

京太郎「あ、染谷先輩。珍しいッスね染谷先輩が頼みごとなんて。雀荘の手伝いッスか?」

まこ「いや違う。ちょっとこっちまで来てくれんか」

京太郎「? はぁ、一体何を…」

『キング・クリムゾンッ!!』

まこ「んぐっ、ふぅ…スマンかったな須賀。もういいぞ」スタスタ

京太郎「ん…? あれ?オレ一体何をしてたんだっけ?
    なんだろう、スッキリしたけどなんか疲れが…」フラフラ


京太郎「あーやべぇ…なんか今日いつもより疲れた気がする……」

まこ「どうした須賀。もう部室閉めるぞ?」

京太郎「あー、すんません。オレが鍵閉めますんで先帰っといていいッスよ。
   オレちょっと休んでから帰りますんで」

まこ「ふむ、まぁベットもあるし丁度ええか」

『キング・クリムゾンッ!!』

京太郎「………んあ?」

京太郎「うわ、やべぇ!ちょっとだけ寝るつもりだったのにもうこんな時間かよ!
   って、ズボン脱いでるしベッドなんかメチャクチャだし!どんだけ寝相悪かったんだオレ…」

久「まこ、なんか最近肌の艶がいいわね。何かいい事でもあったの?」

まこ「んん?さぁのう?」ツヤツヤ

カンッ