その日、俺は部室という名の雑用空間に忘れ物をして慌てて放課後遅くに荷物を取りに行っていた
淡からほぼ強制的に渡された生ものであり、食べて感想を述べるように言いつけられていたのだ

だが、俺の目の前には何故かレオタードを着ている菫部長が部室にある鏡の前に立っていた

京太郎「す、菫部長?」

菫「なっ、す、須賀、なぜここに!? くっ、殺せ!」

京太郎「何言ってるんですか貴方、そして何やってるんですか」

その日、須賀京太郎の中で凛々しい部長の像は音をたてて崩壊したのであった


カン