京太郎「許嫁…許嫁?!」

ある日突然京太郎の前に現れた許嫁の少女たち。聞けば父があちこちで適当なことを言ったという。

霞「あらあら、清澄の方だったんですね。よろしくお願いします」

竜華「…正直許嫁とかアレやけど、とりあえずよろしく」

美穂子「あ、あの…不束者ですが…」

智葉「京太郎とか言ったな。どれだけのものか見せてもらおうか?」

照「京ちゃん!幸せになろうね!」

白望「許嫁…ダルぅ…」

咏「歳の離れた許嫁とかわかんねー!全てがわっかんねー!」

京太郎「あ…あ…?」

美人揃いだが一癖も二癖もあるお姉さん方を前に、京太郎はとりあえず父を血祭りにあげることに決めた。

カン!