松実館の宥の部屋にて


 京太郎「宥さん、これお誕生日プレゼントです」

 宥「わぁ...ありがとう。京太郎君」

 宥(なんだろ?お洋服なのかな...)

 京太郎「宥さんにとっても似合うと思うんですけど...」

 がさっ、がさっ。びりびりッ

 宥「?!」

 宥(ふぇっ?!な、なにこれ?水着、だよね?)

  京太郎が宥にプレゼントした水着、それは...

  下品なほどに金ピカに輝くスリングショットだった。

  V字の布が肩から股間までつながっているだけの、殆ど紐同然の水着。

  胸や乳首をかろうじて隠せるかどうかの際どい水着を前に、思考停止した宥。

  だが、このあと更に信じられないことを京太郎は言い放った。


 京太郎「宥さん...それに着替えてもらえませんか?」

 宥「へっ、いや..それは嫌、だよ...」

 宥「京太郎君の気持ちは嬉しいんだけど...は、恥ずかしい」

 京太郎「そ、そうですよね。いやぁ...菫さんは着てくれたのになぁ」

 宥「う、嘘?」

 京太郎「写真、あるんですけど。見ますか?」

  ポケットからスマートフォンを取り出し、写真のフォルダから保存

 されている画像を引っ張り出した京太郎は、それを宥にみせる。

 宥(うわぁっ...菫ちゃんってば...ぁうう)

  いつものようにプルプル震える宥が目にしたのは、自分に贈られた

 水着と違う色のスリングショットを着こなして、破廉恥なポーズを

 カメラに向かって取っていた。


 宥(は、はわわ...おしりが丸出しで...)

 宥(こっちは、雌豹のポーズ...///)

 宥(M字開脚?!見えてる!見えちゃってるよ!!)

 宥(あっちもこっちも変態さんだよぅ...///)


  お堅く凜々しい菫のあられもない痴態を目の当たりにした宥は

 どきどきが止まらなくなったのと同時に、宥の体を包んでいた寒気が

 いっぺんに吹っ飛んでいった。

 宥(どう見ても寒そうなのに...暖かくなさそうなのに...)

 宥(着てみたい...もっと暖かくなりたい...)

 京太郎「じゃ、俺は外に出ています」

 京太郎「着替え終わったら、教えて下さいね?」

  ふすまを開け、いたずらっぽい笑みを浮かべた京太郎は有の部屋から

 出て行った。

 宥(ど、どうしよう...玄ちゃぁん)

  別の用事で家を空けている妹のことを思いながら、有はひとつずつ

 部屋の暖房器具のスイッチを切っていく。


  そして、宥は意を決して一枚ずつ服を脱ぎ捨てていった。


 宥「あの、京太郎君?着替え終わったよ...?」


  果たして宥を待ち受ける運命やいかに?