京太郎「暑い…」

霞「ちょっと堪えるわね…」

京太郎「晩はあっさりしたものにしましょうよ」

霞「そうねえ…そうめん、冷やっこ、枝豆とか?」

京太郎「ああ…いいですね。なんかこう、ビールとか合いそうな」

霞「ふふ…野球でも観るのかしら?」

京太郎「ははは…呑める歳になったら、それもいいかもです」

霞「なら、その時はお付き合いするわ。隣で、一緒に観ましょうね」

京太郎「…野球が好きとは知りませんでした」

霞「あなたの隣ですからね」

京太郎「…暑いですね。俺たち」顔真っ赤

霞「ええ。…お日様にも負けないくらいに」顔真っ赤

カン!