久「へえ、須賀くんの左手って義手なのね」

京太郎「ええ、昔事故で」

久「そう……でもほんと、義手と言われないとわからないものねぇ」

京太郎「ハンドボールやれるくらいですからねー」



洋榎「その義足、もうすっかりキヌの足になったなぁ」

絹恵「うん、昔は大変やったけど……もうすっかりうちの足や」



菫「ふう……鍛練終わり……っと」

照「右手、調子良いみたいだね」

菫「ああ、すっかり私の右腕になったよ」



竜華「怜ー目薬こうてきたでー」

怜「ありがとーなりゅーかー」

竜華「礼を言いつつ膝枕とは……」

怜「ふふーんうちの特権やなー」



全国の舞台に集うとき……運命は動き出すかもしれない