京太郎「あ゛ー…くっそ、ひどい目に遭った…」フラフラ

界「おっ、京ちゃんおかえりぃー」ヒラヒラ

京太郎「…おらっ」ゲシッ

界「痛って!?何すんだよ京ちゃん!」

京太郎「やかましい!誰の所為で雅枝に酷い目に遭わされたと思ってんだ!」

界「自業自得ってやつじゃねーのー?」

京太郎「荷担してた自分を棚に上げて良く言うな…」

界「ハハハッワロス」

京太郎「こんのっ…!もう一発食らえ!」ヒュッ

界「当たんねーよぅ!」ゴロゴロ

恵「む…?」

界「…っとぉ、よー恵ちゃん」

恵「…界か。何故転がっているのだ」

界「止むに止まれぬ事情があってな…っと」ムクリ

京太郎「待ちやがれ界!…ってこんなところで何してんだ恵?」

恵「ほれはこちらの台詞なのだがな…何やら屋上の方が騒がしいと来てみればやはりお前らか。全く、元気なことだな…」

界「へへっ、照れるぜ」

恵「褒めてなぞおらん。馬鹿共め…」

京太郎「共は余計だ共は。…あれ?アイツはいねえの?」

恵「アイツ?」

界「あぁ、恵ちゃんの嫁さん?」

京太郎「そうソイツ」

恵「…嫁ではないと何度言えば」

界「いやぁ、あれは嫁だろー。京ちゃんにおけるまっちゃんみたいなレベルだぞ?お似合いお似合い」

京太郎「その例えには文句あるがお似合いってのは否定出来ねぇや。恵の方も嫌いなわけじゃねんだろ?」

恵「…まぁな」

界「んまっ!両想いですってよ奥さん!」

京太郎「誰が奥さんだ誰が」

恵「好きとも言っていないんだが…」

界「えー?でも法曹界って出会い少ないんでそ?お互い似たようなところ目指してんだから丁度良いと思うけどなー」

恵「……」ハァ

京太郎「…おい界。ちょっと来い」

界「おん?どした京ちゃーん」

京太郎(お前、何かいつもより押し強くねぇ?)ヒソヒソ

界(あー京ちゃんにはバレちゃう?やっぱり俺のコトわかってるぅ!)ヒソヒソ

京太郎(はしゃぐなバカ。んで、どうしたんだよ?)

界(ちっとねー。その娘からどう思われてるのか聞いてほしいって頼まれちってさぁ)

京太郎(んで聞いたら好感触っぽいから押せ押せと?)

界(だって恵ちゃん見た目同様頑固だろ?やんわり受けてくれそうなあの娘とはマジで相性良いと思うんだよ)

京太郎(わかんなくもねぇがなぁ…)

界(とりあえずきっかけきっかけ。それさえあれば自然とくっつくって)

恵「…いい加減目の前でひそひそされると癪に障るんだが」

界「おっとと、ごめんぬごめんぬ」

京太郎「その謝りかたもイラッとするだけどな」

恵「まぁいいさ。それで、何の話をしていたんだ?」

界「あー、まぁそのー、なんだ?これからの日本の行き先的な?」

京太郎「一瞬でバレるような嘘をつくなダァホ!」

恵「ふん、まぁいいがな…それよりも今日はどうするんだ?」

京太郎「あー、ゲーセン?どうせ暇だし俺は構わんぞ」

界「俺もオッケェーイ。今日こそ俺のガイルが火を吹くぜ!」

恵「何を言ってる、火を吹くのは俺の使うダルシムだろう」

京太郎「真面目なのかボケてるのか判断つきにくいこと言うのは止めろっ」

カンッ