照「…………」プルプル

照「どどどうぞ」ガタガタ

菫「お茶二つ運ぶだけで震えすぎだ……」

照「こぼしたらこわい……」

京太郎「じゃ、いただきまーす」ズズッ

照「おいしい? おいしい?」

京太郎「……あ、おいしい」

菫「おぉ……照が入れたわりには普通の味がする」

照「渋谷に教えてもらった……」トクイゲ


京太郎「うぅ……まさか照さんの入れたお茶が飲める日が来るなんて……」グスッ

菫「泣くほどか……言わんとすることはわかるが」

照「二人とも失礼」ムッ


京太郎「感動のあまり、つい」

京太郎「お詫びに俺にできることなら何でもしますよ」ズズッ

菫「また君は……そう安請負を」ズズッ


照「じゃあセフレになってほしい」

京太郎・菫「ブーーーーーッ!」

照「わ、きたない……」

京太郎「ちょ……ごほっ……てるさん……!?」ズビッ

菫「て、照……お前、意味わかって言ってるのか?」


照「知ってる。セフレとは結婚する前の段階」

照「恋人よりもスゴイ」ドヤァ...

菫「違う……いや、ある意味あってるか」

照「違うの? 京ちゃん?」キョトン

京太郎「……俺が説明しないといけませんかね?」

菫「須賀君の女だろ? 君が面倒みろよ」シランプリ

京太郎「気が重い……」

照「…………」ワクワク


京太郎「――という意味なんです。むやみに使っちゃいけませんよ?」

照「…………」カタカタ

照「ど、どうしよ……もう、お嫁に行けない……」グスン


菫「あー、大丈夫だ、照」

菫「須賀君がもらってくれるから」

照「ほ、ほんと?」

京太郎「え、えー……俺に振りますか」

菫「須賀君の女だろ? 君が面倒みろよ」

照「責任とってね、京ちゃん」ウキウキ

京太郎「おかしい……こんなオチ、ゆるされない」