久「最近暑くない?」

咲「ですねぇ…」

京太郎「何だかんだで初夏入ってますからねぇ…っと、あった」ゴソゴソ

久「何が残ってた?」

京太郎「箱入りの棒アイスっすねぇ。当たり付き」

咲「味の種類は?」

京太郎「ソーダ二本とコーラ一本。俺ソーダで」

久「じゃあ私コーラね」

咲「自動的にソーダかぁ…じゃんけんの結果だし文句はないけど」

  •  ・ ・ ・ ・ ・ ・

久「皆の家はエアコンってどうしてる?」シャクシャク

咲「ウチはもう点けてますねー…夜は涼しくなるって言っても、やっぱり寝苦しいですし」サクサク

久「へぇー、リッチねぇ…」

咲「ただ我慢強くないってだけですよ」

久「まぁそう言いつつウチも点けてるんだけどね」

咲「あははは。そう言えば京ちゃん家はどうなの?」

京太郎「ウチか?点けてないぞ?」モグモグ

久「あらま、意外」

京太郎「そうですかね?」

久「だってカピバラ飼えるってことは結構裕福なんでしょう?それなら1日中点けてても問題ないんじゃないの?」

京太郎「それはそうなんですけどね…」

久「ていうかカピバラ見せなさいよ。何だかんだで見てないの私だけらしいじゃない、ねえ?」

咲「あはは…」

京太郎「あの時部長は会議入ってたんだから仕方ないでしょうに…またそういう機会あったら声かけますから」

久「出来るだけ早くね!なんか仲間外れって感じでやだし!」

京太郎「何なら今日来ます?どうせこの後何もありませんし」

久「いいの!?行く!」

咲「…とりあえず、話戻しません?」

京太郎「えーっと、ウチがエアコン点けてない理由でしたっけ?」

久「そうそう」

京太郎「んー…つってもそう難しい話でもないんですけどね」

咲「そうなの?」

京太郎「ほら、エアコン使うと汗かきにくくなるだろ?今みたいに蒸す時だとそれが気持ち悪くてなぁ…」

久「あー、わからなくもないわねぇ…」

咲「私は寝苦しいのはやだからやっぱり使っちゃうかなぁ」

京太郎「好みの問題だしな。扇風機だけでもまだ快適だし」

久「後々の不快より目の前の快適をとる。人間のサガね」

京太郎「じーさんばーさん世代はあんまり好きじゃないって聞きますけどね」

久「それが高齢者における熱中症の主な原因って言うんだからほどほどが大事って話よね」

咲「へぇー…あ、アイス当たった」

久「え、嘘?…うわ、ホントだ。初めて見た…箱で当たるなんてすごい悪待ちねぇ」

京太郎「どこで買いましたっけこれ…近くのコンビニ?」

久「買ってなくても変えてくれるんじゃない?そこまで気にしないでしょ」

咲「こういうのの会計処理ってどうやってるんだろう…」

京太郎「とりあえず行くだけ行ってみますか。無理だったら外れの駄菓子屋で」

久「その後カピバラね!」

京太郎「わかってますって…」

カンッ