京太郎「麻雀サークル?」

晴れて東京の大学へと進学する事になった俺は、少しばかり憧れている先輩からとあるサークルに勧誘されているのだった。

照「そう、楽しい」

京太郎「へ~」

高校の時も下手糞なりに麻雀をやっていたからか、不思議と抵抗は無かった。

うん、訳の分からないサークルに入るよりはマシだろう。
何よりも、上目遣いで見つめてくれる照さんの頼みとあれば断れない。

京太郎「入ります」







あの時の俺、1発殴らせろ。

洋榎「おら~!!京太郎!!飲め!!飲め!!飲め!!」ウリウリ

京太郎「ングッ!ングッ!ングッ!」ガクガクッガクッ

まっ!限界、限界だって!どうして皆全裸にゃの!?

怜「かははっ!テキーラもイクで~!!」ケタケタ

さしずめ、ここは動物園。
獣と獣の狂想曲。常人が入り込む要素は一切無い。

哩「これじゃあ足りん!足りん!」グビグビッ

彼女も大層美人なのだが、大股開きながらボトルごと焼酎をあおっちゃあ台無しだ。

京太郎「ぷはっ!……ぜぇぜぇ……!」

京太郎「ま、麻雀は!?ここ麻雀サークルでしょ……ッッ!?」

美穂子「さっきやったじゃない」ウフフ

京太郎「それド○ジャラァッッ!!」

この金髪美女は何を言っているのか、唯一の常識人だと思ってた俺を蹴り倒してやりたい。

怜「トキちゃんルーレット行くで~!」

洋榎「やったれ~!!!」パチパチ

怜「て・ん・の・か・み・さ・ま・の・い・う・と・お……」ピッピッピッ

京太郎「……」ヒクッヒクッ

京太郎「そのルーレットの照準、ずっと僕なんですけど……人差し指が微動だにしてないんですけどぉ!!」

怜「り!!!」ピピピビッ

洋榎・哩・照「「「イッキ!イッキ!」」」

京太郎「ングッ!ングッ!ングッ!」ガクガクッガクッ

京太郎「ぷはぁ!!はぁはあ……」プルプル

し、死ぬ……ここに居たら殺される……てか、服どこだよ……俺まで全裸のフルチンじゃねえか……

京太郎「げ、元凶はどこだ……1発言ってやらなきゃ気が済まねぇ……!」

わ、罠にハメやがって……許さねぇ……許さねぇ……

哩「良い素材ばい、照の見る目に狂いはなか」

照「私の手柄……チョロイ」ブイッ

それはもう清々しい程のVサインでした。

京太郎「宮永コノヤロウ!」


カン