本編から約5年後


 久「ね、え...今なんて言ったのかしら?」

 美穂子「もう、私と京太郎につきまとわないでください」

 久「ど、どうしてよ...!」

 久「だって、貴女...私のことを好きだって...」

                       ・・
 美穂子「それは、もうずーっと昔のことですよ。竹井さん」

 美穂子「さようなら、次あったら警察に通報しますからね!」

 久「待って、待ってよ...美穂子。私が、私が好きなのは...」

  京太郎「さようなら。だ、そうですよ、竹井先輩」

 京太郎「いや~、それにしても本当に笑っちゃいますね」

 京太郎「私が一番好きなのは...その台詞を」

 京太郎「そんな泣きそうな顔で言うところなんか始めてみましたよ」

 京太郎「俺も昔は先輩のこと好きでしたよ」

 京太郎「今は大嫌いですけどね」

 久「どうしてよ!どうして須賀君が...こんなこと」

 京太郎「どうして、といわれてもねぇ...」

 京太郎「まぁ、いっか。おーい、皆さん出てきてくださ~い」

 洋榎「...よくも絹を傷物にしてくれたなこの腐れボケ」

 洋榎「おかげで絹はひきこもり。もうウチの家庭は滅茶苦茶や」

 春「久のせいで、私は...もうどこにも行くところなんかない」

 春「信じてたのに...だから、姫様を...姫様、ごめんなさい...」

 ゆみ「お前のついた嘘のせいで...モモは本当に行方不明になっちまったよ」

 胡桃「みーんなあんたを信じたばっかりに、馬鹿を見たんだ」

 胡桃「だから京太郎に協力してもらった」

 京太郎「あんたは和の気持ちを踏みにじって、咲を追い込んだ」

 京太郎「俺はその結果、二人の大事な人と二度と会えなくなった」

 京太郎「いまさら被害者ぶるのはやめてもらおうか」

 京太郎「さ、蒲原さん。車だしてください」

 蒲原「ワハハ、何か言い残すことはあるか?竹井」

 久「いや、いやっ...死にたくない。だって、だって私...」


 久「わたしなんにもわるくないんだもん!!」


 洋榎「...」

 胡桃「...」 

 ゆみ「...」

 春「...」

  京太郎「ま、これから短い間だけど自分の愚かさを直してくださいね」

 京太郎「それじゃ、俺は帰りますから」

 京太郎「もう二度と会うことはないでしょう」

 美穂子「さようなら、上埜さん」


 久「いやっ、嫌よ!離しなさい!!誰か、誰か助けてーッ!」

 洋榎「うっさいわ、いっぺん死んどけ」

 どさっ

 春「死んだ?」

 ゆみ「気絶しただけだ。逃げ出さないように今のうちに縛るぞ」

 咲「人の恋路を邪魔して、男を寝取る悪女はこうなるべきですよね、部長」

 咲「蒲原さん、早く行きましょう。和ちゃんも待ってますから」

 蒲原「ワハハ。ワハハ。地獄の底まで出発進行だ」


  カン