まこは家のお仕事、一年生の女子三人は少し来るのが遅れていた。
 部室には私と彼の二人きり。
 だから、想いがポロリと顔を出す。

「須賀くんって格好良いわよね」

「突然、何を言い出すんですか部長?」

 不意打ちに、正面から向けられた言葉に気恥ずかしさを感じたのか、彼の頬にはほのかな朱色が差す。
 そんな姿は年下の男の子らしく、可愛らしい。

「あら、照れなくても良いじゃない。結構、無茶なことをお願いしている自覚はあるのよ。でも、あなたは決して放り出さないし、全力で取り組んでくれている」

 インターハイ優勝。
 私は夢を叶えるために酷なことを強いている。

「本当に感謝してるの。須賀くんは間違いなく格好良いわよ。外面だけじゃなく、内面もイケてるわ」

 本来は初心者である彼にこそ時間を使うべきだと分かっている。最も楽しく、伸び盛りの大切な時期。
 だけど、私は目的のためにそれを犠牲にさせ、雑務を押し付けた。
 夢のためには必要だから。

「今度はいったい何をさせる気ですか?」

 照れは何時しか鳴りを潜め、褒めるほどに彼の警戒心が高まる。
 言葉通りに受け取って貰えないのは自業自得の所業なのだろう。散々この手の煽ても使ったからかしら。

「何もないわよ、今回は」

「……………」

 もしも、私が素直に胸の内を明かせば彼はどう反応するのだろう。
 きっと冗談か何かだと疑われる。

 恋って難しい。

 だからこそ、信じてもらえないから私は本音を漏らせる。きっと、真面目に取られるなら素直になれない。

 今はまだ、この距離、この関係が心地好い。
 でも、インターハイが終わったなら……


カンッ!