京太郎「うーむ……」

咲「何唸ってるの?」

京太郎「おう、何切るでわかんねーのがあってさ」

咲「ふうん?どれどれ……」

京太郎「お前なら何切る?」

咲「えっと……ううん……?」

京太郎「?」

咲(これって……前提が個人戦じゃなくて団体の次鋒戦……の南3局二位との差は14000……原点からは▲36800……となると……)

咲「これかな?」

京太郎「なんでだ?」

咲「うんあのね……」

京太郎「ほうほう……」

咲「でね……」

久「うーん……咲も成長したわねぇ」

まこ「以前の姫松の末原さんとの合宿が良かったんかのう」

久「その時は和、阿知賀の新子さんも一緒に参加してたようね」

まこ「京太郎も参加しとったはずじゃが?」

久「阿知賀の大将、高鴨さんと姫松の愛宕姉と三人で山でキャンプしてたそうよ」

まこ「何やっとるんじゃ……」



カン