和「いい景色ですねー」

京太郎「そ、そうだな」

和「温泉旅行、ここを選んで正解でしたね」

和「それで……京太郎さんはなぜ桶で前の方を隠しているんですか?」

京太郎「察してくれ……」スッパダカ

和「露天で混浴とはいえ、私と二人きりの家族風呂なんですから」

和「ましてや……夫婦になったんですよ?」


京太郎「そうは言ってもな……」

京太郎「というか和! お前はお前で少しは隠せ!」

和「……? 隠してますよ?」

京太郎「手ブラでな! 下はともかく上は殆ど隠せて無いんだよおぉぉぉ……」

和「壁があるとはいえ、他のお客様も隣にいるんですから、あまり大声は……」

京太郎「す、すまん……」


和「別に、私は京太郎さんが……その」

和「京太郎さんのが反応していても、気にしませんよ?」

京太郎「俺は気にするのっ」

和「私の裸に反応してくれているんですよね……むしろ、うれしいです」ホオソメ

京太郎(まずい……非常にまずい……)

京太郎「そ、そっかぁ、じゃあとりあえず風呂に入ろうかぁ」ギクシャク

和「……ごまかしましたね」


和「……ふぅ……」チャプン

和「ほんと、いい景色ですね……」

京太郎「あ、ああ……まったくもって」

和「もうっ……そんなに私と一緒に入ると落ち着きませんか?」

京太郎「あー……嬉しすぎてな……」ソワソワ


和「……京太郎さんのを」

京太郎「?」

和「静めてあげれば、少しは落ち着きますか?」

京太郎「お、おい……ここって風呂だぞ」

和「二人っきりなんだから……大丈夫です」ピト

京太郎「し、しなだれかかるな! 胸があたる……!」


和「妻が夫と交わりたいと思うのは……そんなにイケナイことですか?」

京太郎「せ、せめて夜に……部屋に戻ってからで」アタフタ

京太郎「誰かに見られるって」

和「ふふ……見られるとしても、山にいる動物さんぐらいですよ」


和「そもそも、婚前交渉を迫ったケダモノさんにそんなこと言う資格なんてないです」

京太郎「ぐぅ……」

和「私をこんなにした責任……とってくれないとゆるしません」


和「……他のお客さんもいますし、声はガマンしてくださいね?」

和「私も……ちゃんとガマンしますから」