「ナンパしよーぜ!」

 そう言い出したのは、男子麻雀部の中で一番のお調子者だった。



 俺こと須賀京太郎が、家の事情で、長野から東京に引っ越して早半年。

 真夏の太陽が照りつけるこの8月になるまで、色々なことがあった。

 今年から共学になった白糸台高校に入学し、東京での生活はまあまあ順調な滑り出し。

 子供の頃に長野から引っ越した、幼馴染の宮永照さんとの再会。

 照さんを切っ掛けに、始めた麻雀。

 入部した麻雀部(女子は強いけど男子はできたてで当然弱小)は結構楽しくて、密度の濃い時間を過ごした。

 麻雀を通して、照さんの妹分の大星淡と仲良くなったり。

 その二人が所属するチーム虎姫のメンバーと交流したり。

 充実した毎日を過ごせたと思う。


 麻雀のIHも終わり、夏休みも後半。

 前々から計画していた通り、男子麻雀部のみんなで、一度渋谷に遊びに行くことになった。

 なんというか、学校で男子が少ないこともあって、麻雀部の男子の結束は結構固い。

 出会ってまだ数か月なんてことを忘れるくらい、一緒になって大騒ぎして遊んだ。


 そして、正午をまたぎ、昼食を済ませ、また街をぶらぶらしようとなったそのとき。

 麻雀部きってのお調子者があろうことか、女の子をナンパしてみようと言い出したのだ。



 そんな理由で今現在、俺たちは目の前を通り過ぎる人の流れを眺めている。

 声を掛けられそうな女の子を探して、日陰で涼みながらの品定め。

 品定めは言いだしっぺ、声を掛けるのは俺、後のみんなは俺のフォローと賑やかし。

 完全に俺を盾にしている。

 俺はナンパなんかしたことないし、要領なんて分かりようもないのだが、

「知らない人と仲良くなるの得意だろ? それにお前イケメンだしイケるって!」

 という一言によって、満場一致でナンパの先陣を切ることになってしまった。

「どうせ当たって砕けるなら、レベル高そうな子狙おうぜ!」

「いいねー。その方が断られても傷は浅そうだ」

「それ一番大変なの俺じゃねーか!」

 話しかけるのが俺だからって好き勝手いいやがってチクショー!

「よし決めた! あの子たちにしよう!」

 そう言って、言いだしっぺが道の向こうを指さす。

 多分高校生くらいの女の子5人が、道を歩いていた。

 人混みに隠れて姿がよく見えないが、確かに遠目から見ても美人そうなのは何となく分かる。

 女の子たちは先を行き、どんどん俺たちから離れていく。

「京太郎、GO!」

「健闘を祈ります!」

「はいはい、行ってきますよ」

 調子のいい友人たちを背にして、少し急ぎ足で彼女たちに近づいていく。

 こんなところ、弘世部長に見られたら大変だな――と考えて、その恐ろしさに考えるのを止めた。

 とにかく適当に話しかけて、早めに終わらせよう。

 緊張で強張りそうになる顔をほぐし、駆け寄って、意を決して話しかける。

「すいませーん、今時間ありますか?」

 我ながら軽い感じだなあ、と軽い自己嫌悪に陥りながら、相手の返事を待つ。

 前を歩いていた女の子たちが、全員こちらを向いた。

 ――それは、何だか見覚えのある顔だ。l

「京ちゃん……?」

「あれ、キョータロー?」

「え、照さんと淡……?」

「こんなところで何してるんだ?」

「今日は麻雀部の男子たちで遊ぶんだったよね……?」

「私もそう聞いているが……」

「先輩たちまで……」

 よく見知った面々を前にして、血の気が引いていく。

 宮永照。幼馴染のお姉さん。

 大星淡。小生意気な同級生。

 亦野誠子。面倒見がよくて気の良い先輩。

 渋谷尭深。いつものんびりとお茶を飲んでいる癒し系先輩。

 弘世菫。いつも凛々しく厳しい苦労性の先輩。

 白糸台高校の女子麻雀部、チーム虎姫のメンバーだった。



 やべ、と後から追い付いた誰かの焦った声が聞こえる。

 その言葉には全面同意だ。本当にヤバイ。特に弘世先輩。

 ナンパしているところを見られるどころか、その当人をナンパするとか、(笑えない)笑いの神が降りている。

 間の抜けた場の空気が、段々と重たくなっていく。

 照さんが、じっと俺を見上げてくる。

「京ちゃん、こんなところで何してるの?」

「え、いやその、友達と遊んでるだけですヨ?」

「……ナンパだよね、今の」

「ち、違うんですよ照さん! これはナンパじゃなくて、悪ふざけの延長っていうかそんな感じで!」

 照さんの目が、心なしか冷たい。

 というよりも、メンバー全員の目が冷たい。

「――ほう、ナンパか」

 状況を整理していたのだろう弘世部長が、冷たい声でそう言った。

「友人たちと約束があるからと、私たちの誘いを断っておいて……やることはナンパか?」

「ひ、弘世部長? その、ちゃんとした理由があるので話を聞いて欲しいというか……」

「それなら、その理由とやらを聞こうじゃないか。――喫茶店にでも入って、ゆっくりとな」

 そう言って、弘世部長は微笑んだ。

 ――目は笑っていなかった。


 いつもの無表情に、目だけが底なし沼のようになった照さん。

 つまらなそうに――不機嫌そうに、自分の髪の毛先を弄る淡。

 何かを諦めたように苦笑する亦野先輩。

 じっとこっちを見つめてくる渋谷先輩。

 微笑んだ顔が怖い弘世部長。


 あ、これ俺もう駄目だわ。

 最悪の状況の中、俺は全てを諦めることにした。



 カンッ!




「それで、京ちゃんは誰狙いだったの?」

「え?」

「それ気になるー。……誰なの、キョータロー?」

「いや、ナンパする相手決めたのは俺じゃないし」

「……そういえば須賀君って、胸の大きな女の子が好きって聞いたんだけど、本当?」

「なんで今それ言うんですか渋谷先輩!?」

「……」ペタペタ

「じょ、女性の魅力は胸だけじゃないですから! そうじゃなくても俺は全然大丈夫ですよ!」

「つまり須賀は可愛い女の子なら誰でもOKと」

「最低だな……」

「もう勘弁してくださいよー!」


 モイッコカンッ!