「京ちゃん、子供が出来たの。認知してくれる?」

 彼の表情が驚きに染まり、困惑に変わる。
 早々と回転し出す思考が答えを出すよりも早く、私は牽制するように次の言葉を告げる。

「大丈夫、奥さんと別れてなんて言わないよ。それにすぐじゃなくていい。いつか、子供の父親だって正式に認めて欲しいだけだから……ダメかな?」

 既婚者だと知りながら、私は彼に近づいた。
 そして、お酒の力で判断力を鈍らせて身体を重ねた。一度、一線を越えてからはずるずると関係が続いている。

 小さな頃から彼が好きだった。
 初恋を忘れられない愚かな女。
 ずっと、ずっと、離れていていても何時までも彼が好き、愛していた。たとえ彼が他の女と結婚していようとも諦められない程、どうしようもなく……

「彼女が亡くなってからか、京ちゃんが死んじゃったらか、私が死んでからで良いから……」

「……そんなんで良いのか?」

「うん、なるべく京ちゃんに迷惑はかけない」

「はあ、分かったよ、照。養育費とかは幾ら払えばいい?」

「いらない。私はお金持ちだから心配ないよ」

 愛している人との確かな結晶。

 私の大切な宝物。

 京ちゃんに愛されて、正式な家族になりたいと思わないでもない。
 だけど、彼には愛する妻がいて、子供もいる。傍目から見ても幸せそうな、暖かな家庭を私は壊したくなかった。
 自らの行いが矛盾していると知りつつも、そうしたいのだ。

「それに暫くはもう会わない」

「……そうか」

「うん、我儘でごめんね」

「俺こそごめんな」

 この秘密の関係は隠し通す。
 それが私の幸せ、京ちゃんの幸せに繋がっている。

「ねえ、京ちゃん。私のこと愛してる?」

「……二番目かな」

 一番じゃなくても良い。
 むしろ、一番じゃないからこそ真実なのだろう。確かな愛を感じ、最後の相瀬は幸福の中、微睡みへと沈んでいった。


カンッ!