穏乃ちゃんと憧ちゃんは露骨すぎなのです

穏乃ちゃんは学校が離れても気軽に京太郎くんを呼び出し、山に行って二人っきり
一緒に何かを成し遂げると二人の中はぐっとアップらしいのです、本に書いてた!
だから穏乃ちゃんと京太郎くんは絶対昔より仲良し!
穏乃ちゃんは積極的だからとても困るのです、いつでも京太郎くんの傍に寄っていくんだから

憧ちゃんにいたっては京太郎くんと同じ中学に行くという孔明にも勝る策士っぷり!
発想で完全に負けたのです
しかも、しかもぐぐんと女の子らしくなっていて皆が見とれるレベルの美少女に!
元のロリロリしい外見に完全に油断していたのです、磨けば光る原石だったなんて
この松実玄の目をもってしても見抜けなかった……

一方、私は家で都合よくバイト募集してたので京太郎くんを誘うことしかできなかったよ
勇気を出して同じお部屋でお泊り会をしてみたけど、私の口から出るのはおもちの話題だけ
これじゃあおもち同志の関係から一歩も進展しないのです!
京太郎くんも私を女の子としてなんて見てくれないよぉ

やはりおもちのできそこないの私じゃダメなのかとこっそりへこむ
こういう時に頼れるのは家族だけ、だから

玄「助けておねーちゃーん」

宥「ふふ、玄ちゃんがくっついてきてあったかーい」

そして味方のはずのおねーちゃんは恋人よりおこたとストーブが欲しい系女子なので
全く、これっぽちも恋愛相談の役には立ってくれないのです!

でもおねーちゃんしか頼りはいない、どうにかしてほしい
私から攻めるとか無理なのです
私は待つことしかできない怖がりだから、今の関係を壊すようなことはできない

でもこのままじゃ穏乃ちゃんか憧ちゃんに京太郎くんを取られちゃうよ~

玄「ふえ~ん」


カン!