全ての復讐は、失うことから始まる。


 ザ・ブライド/??「やめてっ!やめてええええええ!!」


 オーレン/智葉「ボスを裏切ったお前が悪い...粛正だ」

 ヴァニータ/ダヴァン「エグリコムヨウに、撃ツベシ、撃ツベシッ!」

 バド/ネリー「言わんこっちゃないよ、だから言ったのに、さ!」

 エル・ドライバー/美穂子「許せない、貴女を絶対許さない!!」


  寂れた教会、ミンチになった人間、そして激しい暴行を受ける花嫁。

  友達も夫も、腹の中に宿っていた子供もみんなそろって奪われた。

 ??「どうして?貴方は...私にそんなことしないって、信じてた...のに」

 ビル/京太郎「君は知っていた筈だ...」

 京太郎「俺はサドか?いや、違うね」

 京太郎「行動を起こし、今こうしている瞬間においても」

 京太郎「俺は...」ガチリ

 ??「お腹の中には、貴方の赤ちゃ...」


  一発の銃弾が、最後に残った彼女の命をも奪う。

  だが、彼女は、

  生きていた。生きていたのだった。


  四年もの間、花嫁は病院のベッドの上で眠り続けていた。

 ??「...」


  そして、彼女は遂に目覚めた。

  手足の自由を取り戻した最強の暗殺者、The Bride。

  彼女は誓った。



  自分から全てを奪った毒蛇暗殺団のメンバーへの報復を...



 一人目のターゲットは、自分が求めた幸せを手に入れていた。

 ダヴァン『来ナッ、来ナ...!!』

  花嫁はただ刃を交え、情を交わさず彼女の命を奪い去った。

 ニッキー/??「ママ?」

 ??「大きくなってまだ許せなかったら、待ってるわ」

  ただ最後に、見せるつもりのなかった過ちを悔いながら...彼女は歩く。
443 : 名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/21(火) 02:07:19.68 ID:eayRdxDt0
 二人目のターゲットは日本に君臨するヤクザの親分になっていた。

  花嫁はハンゾウソードを携え、東京へと向かう。


 ソフィー/ハオ「うぎゃあああああああ!!」

 智葉『ブライド...!』


  青葉屋のホール、冷ややかに睨み据えたその視線の先...


 ??「勝負はまだ、ついちゃいませんよ...」


  鮮やかに舞う片腕、そして最強に挑みかかる最凶。


 ゴーゴー宮永「こんにちは」

 ??「ゴーゴーですね?」

 ゴーゴー宮永「ビンゴ。貴方が有名なあのブラック・マンバ?」

 ??「噂が一人歩きしているようですね」


  にらみ合う二人の暗殺者達が火花を散らす、その五秒前...


 ??「ゴーゴー、ボスを守る義理があるのはわかります」

 ??「でも、あえて言います、そこをどいて」

 ゴーゴー宮永「それがお願いのつもりなら、片腹大激痛」

 ゴーゴー宮永「このゴーゴーボールの錆にしてあげる」



  花嫁とゴーゴーの死闘は、ゴーゴーの惜敗により幕が下りた。

  そして、青葉屋の大虐殺が始まった。



 智葉『...』

 智葉『お前らぁ...ヤッチマイナァアアアアっ!!』


  花嫁が舞い、また一人、また一人と命を落とすクレイジー88。


  そして迎えた、二人目への復讐。

  降り積もる雪の中、煌めいた一閃がオーレンの頭蓋を切り落とした。



  復讐は続く、全ての相手が倒れるまで


 ネリー「うぐっ、がはっ」

 ネリー「ぐ、ぐるじ、い...息が...息が」


  三人目の相手は、花嫁が手を下す前に息絶えていた。

  彼女を葬ったのは、かつての愛した男の愛人にして...

 美穂子「さて、最後の苦しみにもだえているあなたに」 

 美穂子「さっきの答えを聞かせてあげましょう」


  死んだとしても、変わることのない不倶戴天の仇敵、



 美穂子「今は、最高に後悔しています」

 美穂子「勇敢な彼女の最期を看取ったのが、」

 美穂子「あなたのような...薄汚い卑怯者だったことに」


  そして、最後の一人と対峙する二人の暗殺者 




 ??「なぜ、パイ・メイに目を抉られたの?」

 美穂子「あの人のことを、クソジジイと呼んだからですよ」

 美穂子「でも、最後には、私はあの人のことを殺しましたから」


  煌めく刃の先から、肌色の蛇が左目に飛びかかった。

  自分の敗北する瞬間が、彼女が最後に見た景色。


  発狂する最後の一人の命を天に任せ...

  遂に、彼女は最後の一人に手をかける。

  B・B/??「ママ」

 ??「ど、どうして?」

  動揺する花嫁に優しく触れたその手が、彼女の決意に罅を入れる。

  明かされる真実と、どうしようもなくすれ違ってしまった夫婦の悲哀。

  男は子のために生き方を変えられず、女は子のために母になった。

  最後の復讐は、誰よりも近く、誰よりも短く、誰よりも激しいものだった。

  唸る刀の旋律が、あまりにも早い別離を刻一刻と刻む。 

  そして、死が二人を分かつ時がやってきた。

  刀は鞘に収まり、無防備な胸に炸裂する五つの刺撃。

  五天衝爆心拳、最悪にして最強の武の極みが彼を死に追いやった。


 京太郎「君は、善人だ。素晴らしい人間だ、最愛の女だよ」

 京太郎「でも、たまに最低の女になる」

  死の際に二人で笑い合ったその笑顔を胸に、彼は五歩の後息絶える。 


 ??「ううううっ、うああああああ~~~~~!!!」


  バスルームで慟哭する花嫁の傍らでも、最愛の娘が涙を流していた。

  復讐は何も産みはしない、それでも、花嫁はこれから先も歩いて行かなくてはならない。


  ゴールの見えない真っ暗な道を、娘という希望の光と共に。

  そして、犯した罪を受け入れるために...。


  復讐は、まだ続いている。 完