久「ねえまこ、須賀くんを落とす作戦考えてちょうだい」

まこ「なんでわしなんじゃ」

久「和は優希の味方、咲には中学からのアドバンテージ
  私にはまこしか頼る相手がいないのよ、ねえ、おーねーがーい」

まこ「ええい、くっつくな、うっとおしい」

久「まこのいじわる」

まこ「はあ、しゃあないのお、これしかないじゃろ」

久「なに?」(わくわく

まこ「今日みんなの前で告白せえ」

久「無理無理無理無理っ! そんなの恥ずかしくて死んじゃうっ!」

まこ「そうやってうじうじしとったからこうなったんじゃろうに」

久「だけどできないわよそんなの! キャラじゃないし!」

まこ「すでに崩壊しとるわ、なら残るはあれじゃな」

久「なに?」(わくわく

まこ「呼び出して二人っきりで告白せえ」

久「無理無理無理っ! そんなのして振られたらどうするのよ! ただでさえ勝率低いのよ!?」

まこ「いつもの悪待ちはどうしたんじゃ?」

久「恋愛にオカルトなんてありえません!」

まこ「じゃから正攻法を示しとるんじゃろうに」

久「とにかく、私に合った作戦を考えてちょうだい!」

まこ「めんどくさいのお」

久「おーねーがーいー」

まこ「分かった分かった、考えておいてやるわい」

久「だから好きよ、まこ!」

まこ「それが京太郎に言えれば問題ないんじゃがなあ」


カン